GMOグローバルサイン

ソフトウェアセキュリティ

コードサイニング証明書

ソフトウェアへの電子署名で、ソフトウェアの改ざんや、配布元をなりすましたソフトウェアの再流通を防止、警告も非表示に。

様々なプラットフォームのソフトウェアへ電子署名

グローバルサインのコードサイニング証明書は、ソフトウェア(プログラム)に電子署名を行う証明書です。ソフトウェアの改ざんや、配布元を騙った改ざん済みソフトウェアの再流通を防ぐことができます。 グローバルサインでは、1度のご購入で4つのプラットフォームでのソフトウェアへの電子署名が可能な『コードサイニング証明書』と、世界標準の厳格な審査を経て発行された証明書で電子署名を行い、SmartScreenの警告表示を防止する『EVコードサイニング証明書』の2種類のサービスをご用意しております。

01

組織実在認証型の証明書

組織実在認証型の証明書

グローバルサインのコードサイニング証明書は、開発元・配布元組織の実在性を認証したうえで証明書を発行します。正規のソフトウェアであることが証明され、信頼性向上に繋がります。

02

同一のハードウェアトークンで別の端末での署名が可能

同一署名用端末に限らず利用可能

弊社より提供するハードウェアトークンは、同じトークンを使って別の端末で署名することが可能です。
※複数端末での同時利用はできませんが、トークンさえあれば、どの端末でも署名可能です。
※署名環境にはドライバのインストールが必要です。

03

発行まで最短即日

発行まで最短即日

グローバルサインのコードサイニング証明書は、必要書類が到着してから最短即日※で証明書を発行いたします。(発行期間について)
※発行スピードは一定の条件がございます。
※EVコードサイニング証明書は、最短7営業日での発行となります。

04

証明書情報を日本語表示

証明書情報を日本語で表示

企業名(署名者の名前)などの証明書情報を、英語の他、日本語で表示することができます。

価格・サービス比較

マルチプラットフォーム対応

コードサイニング証明書

57,000
(税抜・年額)
認証レベル 認証レベル中
対応プラットフォーム MS Authenticode
Object Signing(JAVA)
MS Office VBA
Adobe AIR
発行対象 法人
発行期間 書類受領後
最短即日
SmartScreen
Windows10対応
タイムスタンプ
SmartScreenの警告表示を防止

EVコードサイニング証明書

75,000
(税抜・年額)
認証レベル 認証レベル高
対応プラットフォーム MS Authenticode



発行対象 法人
発行期間 書類受領後
最短7営業日
SmartScreen
Windows10対応
タイムスタンプ

※3年契約は新規でのお申し込みで、署名ハッシュアルゴリズムにSHA256をご選択いただいた場合に限ります。
※個人向けコードサイニング証明書は、2018年12月10日(月)をもちまして販売終了させていただきました。

目的別活用例

ソフトウェアに対するユーザの不安を解消

課題
OSやブラウザ等のバージョンアップや証明書の有効期限切れにより、警告表示が出るようなり、ユーザからの問い合わせが増加した。 また、開発側でも証明書の更新による手続きや設定に手間がかかる。
・Windowsのセキュリティ強化によって、電子署名されていないソフトウェアは警告表示が出るようになった。
・JavaAppletは、署名無しおよび自己署名付きのApplet実行時に警告が出るようになった。
・インターネット経由でソフトウェアをダウンロードしようとしたら、Microsoft SmartScreenに警告され、更にインストールしようとしたらブロックされた。
解決
正規の認証局の証明書を用いて、ソフトウェアやコードに電子署名をすることで、警告表示が出なくなり、ユーザが安心して利用できるようになり、サポートへの問い合わせ件数が減少した。
また複数年契約により、証明書の更新の手続きや設定にかかっていた手間が削減された。

ブランドイメージを保護

課題
インターネット経由で配布するソフトウェアをダウンロードしたユーザは、正規のソフトウェアかどうかに対する不安を持つことが多い。
・なりすましによる不正配布の可能性
・ソフトウェアの改ざんが行なわれている可能性
・ソフトウェアをダウンロードやインストールしようとしたら、Microsoft SmartScreenに警告やブロックされた。
解決
正規の認証局の証明書を用いて、ソフトウェアに電子署名をすることで、自社で開発したソフトウェアであることをユーザに証明。
また、悪意ある第三者によるなりすまし配布や改ざんが防止されることで警告が表示されなくなり、ユーザが安心して利用できるようになった。
・Microsoft Smartscreenでの評価の向上により、利用率・ダウンロード率向上。
・ブランドイメージのアップ

電子署名が必要なアプリケーションへの対応

課題
JavaAppletやAIRアプリケーションは電子署名が必須であるため、署名が無いと警告が出たり、インストーラーが起動しない。
解決
JavaAppletやAIRアプリケーションに電子署名をすることで、警告が非表示になり、さらに開発者の名前が表示されるようになって、ユーザが安心して利用することができるようになった。

安全にマクロを実行したい

課題
Microsoft Office製品のセキュリティが厳しくなり、電子署名の無いVBAやマクロは動作していない。セキュリティ設定を下げてまで使うのはリスクが高い。
解決
VBAやマクロのコードに電子署名をすることで、セキュリティ設定を変えずに安全にマクロを実行できるようになった。

お客様の声(導入事例)

ジップインフォブリッジ株式会社様

「疑問点について質問した際に素早く回答していただいた、お見積書の作成を依頼したところすぐに手配していただいたことなど、グローバルサインの対応が早いことが決め手でした。」

株式会社堀内カラー様

「コードサイニング証明書の導入により警告が非表示になり、しっかりと発行元が表示されるので、インストール時のユーザの不安の声が減った気がします。」

株式会社ラムダシステムズ様

「一番の決定要因はサポートページのわかりやすさでした。当時は書籍等の情報もほぼ無い状態でしたが、署名方法の手順などが、非常に細かくわかりやすく説明されていました。」

認証の流れ

コードサイニング証明書は、証明書に記載する組織が法的に存在することを、登記情報や第三者データベース(帝国データバンク・DUNS・職員録)に照会し確認のうえ発行されます。

お申し込みの流れ

  1. STEP 1
    事前準備
    審査に必要な書類を準備してください。
  2. STEP 2
    証明書お申し込み
    専用のウェブページにてお申し込みをしていただきます。
  3. STEP 3
    審査
    グローバルサインにて審査をいたします。
  4. STEP 4
    証明書取得・インストール
    USBトークンをお送りしますので、設定を行ってください。また発行された証明書をインストールしていただきます。
  5. STEP 5
    お支払い
    証明書お申し込み時に、クレジットカード決済または銀行振り込み(後払い)よりお選びいただくことができます。

注意事項(発行期間について)

  • ※発行スピードは一定の条件がございます。
  • ※銀行振込(前払い)の場合、入金確認後の発行になります。
  • ※書類提出が必要なお客様は書類到着後に審査が開始されます。
  • ※フィッシング詐欺対策のため、別途追加審査が必要となる場合がございます。 その場合発行までに通常のフローよりお時間をいただくことや、別途ご連絡をさせていただくことがございます。承認メールは追加審査終了後に発送されます。 また、審査基準に満たないお申し込みにつきましては、発行に至らない場合がございます。 更なるセキュリティ強化のため、ご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。
  • ※USBトークンの日本国外への発送は行っておりません。
  • ※USBトークンの再購入は、有償での販売となります。

コードサイニング証明書サービスのPDF資料を配布中!

コードサイニングサービス資料 コードサイニングサービス資料

グローバルサインのコードサイニング証明書サービスに関する概要や導入されたお客様事例のPDF資料をご用意いたしました。

資料ダウンロードはこちら

証明書お申し込み・お見積もりはこちら

WebCMはこちら