業種別利用シーン

GMO顔認証eKYCは、様々な業種・サービスにおける本人確認での利用が可能です。想定される利用場面の課題と解決策の事例をご紹介します。

PDF資料ダウンロード

古物商・リユース

中古品買取

チケット販売

不正取引防止

人材派遣

被雇用者の本人確認

シェアリングサービス

不正利用防止

不動産

賃貸契約・ファンドサービス

古物商・リユースの場合

  1. 導入前

    本人確認の手間もコストも時間もかかる

    買取時に本人確認書類のコピーが必要
    本人確認書類のコピーをファイリングして棚に保管
    携帯電話の販売、契約ができない
  1. 導入後

    古物営業法に準拠した本人確認をオンラインで完結

    宅配買取でも本人確認をオンラインで完結
    オンライン化によりペーパーレス促進、収納コスト削減
    携帯電話不正利用防止法の要件に準拠した本人確認で販売、契約が可能

チケット販売の場合

  1. 導入前

    本人確認が行われず不正取引が発生

    各種チケットにおいて転売などがおこりやすい
    オンラインでのイベントではなりすまし参加が発生
  1. 導入後

    利用者の本人確認を行うことで不正利用を抑止

    チケット購入者に本人確認を行い転売などを抑制
    本人確認済みのアカウントでなりすましを防ぐ

人材派遣の場合

  1. 導入前

    本人確認の手間と書類保管などのオペレーションコスト増大

    利用者が登録する際に本人確認書類の提出が必要
    事業者側の本人確認書類コピーの保管コスト
  1. 導入後

    本人確認オンライン化による手間とコストを削減

    利用者の本人確認をオンラインで完結
    オンライン化によるペーパーレス促進と保管コスト削減

シェアリングサービスの場合

  1. 導入前

    本人確認の手間と書類保管などのオペレーションコスト増大

    盗難、破損などトラブルが発生
    不正な登録者がいるかもしれない不安
  1. 導入後

    利用者のオンライン本人確認によりサービスの信頼性を向上

    シェアリングの対象に対するトラブル(盗難、破損等)を回避
    シェアリングサービスの信頼性の向上

不動産

  1. 導入前

    本人確認の手間と書類保管などのオペレーションコスト増大

    契約の際に本人確認書類の提出が必要
    本人確認書類のコピーをファイリングして棚に保管
  1. 導入後

    利用者のオンライン本人確認によりオペレーションコストを削減

    登録の際の本人確認をオンラインで完結
    オンライン化によりペーパーレス促進、収納コスト削減

その他、以下の業種でもご利用いただけます

金融(銀行、証券、保険)
仮想通貨

法律に準拠した本人確認のオンライン化が行えます。

レンタル

利用者の本人確認を行い不正利用を抑制します。

SNS・情報サービス

利用者の本人確認を行い不正利用を抑制します。

オンライン

オンライン授業 オンライン授業試験 オンラインセミナー などオンラインで開催されるものへの本人確認として有効

初期費用無料、月100件プランからご用意
サービスに関するお問い合わせはこちら

03-6370-6500
(平日10時〜18時)

ページのトップへ戻る