クライアントセキュリティ

クライアント証明書

初期費用・年間保守費無料、シンプルな価格設定。
アクセス認証とメールの署名・暗号化でセキュリティを確保しながら利便性向上。

  1. SSLのグローバルサイン
  2. サービス一覧
  3. クライアント証明書

オンライン上の身分証明書

グローバルサインのクライアント証明書は、アクセス認証やメール署名・暗号化に使用する個人用の証明書です。PC・スマートフォン・タブレットなどに格納できます。
証明書を格納したデバイス(PCやスマートフォン・タブレット)のみが外出先等から社内サーバへアクセスできる等、クライアント認証を強化することができます。 また、S/MIME(メールの署名や暗号化)にも利用することができます。

クライアント証明書でできること

情報漏えい対策

情報漏えい対策

ID・パスワードの管理負担削減
私的デバイス持ち込み対策

アクセス認証の強化

アクセス認証の強化

ID・パスワード認証に電子証明書を併用し認証手続きを強化

メールの暗号化・署名

メールの暗号化・署名

盗聴されても解読不可能
なりすまし送信や改ざんよるフィッシング被害防止

サービスラインナップ

マネージドPKI Lite

10ライセンスからご購入いただけるクライアント証明書のクラウド型認証局運営サービス。 PCやモバイルデバイスのクライアント認証強化と、社内外のアクセス認証やメールの署名・暗号化に。

発行対象組織に属する個人
組織に属する部門
組織
利用用途アクセス認証強化
電子メールへの署名・暗号化
対応環境 ウェブブラウザ
メールソフト
PC・モバイルデバイス
ウェブサーバ
価格年額100,000円
(10ライセンスパックの場合)
無償トライアル あり(3ヶ月)

電子署名(S/MIME)用証明書

1枚からご購入いただける電子メール用のクライアント証明書。企業が配信するメールの身元を証明し、改ざんを検知、フィッシング詐欺から利用者を保護。FDA(米国食品医薬品局)の申請にもご利用可能。

発行対象組織に属する個人
組織に属する部門
組織
利用用途電子メールへの署名・暗号化
FDA ESGでの電子申請
対応
メールソフト
Microsoft Outlook 2007
Mozilla Thunderbird 3
Windows メール
 
価格年額52,000円
無償トライアル あり(30日)

サービスの特徴

低コストで導入可能

シンプルな価格設定

グローバルサインのクライアント証明書は、いずれも初期費用・年間保守費用が無料。
マネージドPKI Liteは最少10ライセンスからのシンプルな価格設定で、ライセンス数が多いほどコストダウン。
メールへの電子署名・暗号化に特化した電子署名(S/MIME)用証明書は、1枚からご購入可能です。

マネージドPKI Lite ライセンスパック別価格表
電子署名(S/MIME)用証明書価格表

クラウドタイプで認証局運用

高い信頼性と柔軟性

電子証明書を用いたクライアント認証は古くから利用されています。
既存システムとの相性も良く、エンドユーザの負担を増やさずにセキュリティ強化。
グローバルサインのクライアント証明書は、アクセス認証強化・メールの署名・暗号化すべてに対応しております。

万全のサポート

万全のサポート・サービス保証

導入前の「テスト証明書」はもちろん無料。事前に御社システムとの相性チェックを行う事ができます。
また導入時〜導入後も、弊社ウェブサイトではマニュアルや技術的なFAQが充実。お困りの際は弊社サポートスタッフが電話・メールにて丁寧にサポートいたします。
さらに万が一の「7日間返金保証」や、有効期間内なら何度でも可能な「無償再発行」といった保証制度が充実しております。

仕様・機能 他社サービスとの比較

  グローバルサイン 他社
最少ライセンス数・証明書枚数 10ライセンス
電子署名(S/MIME)用証明書は1枚から
100ライセンス以上
初期費用・保守費用 無料 有料
100ライセンスの場合 70万円/(1年)

138万円/1年
(初期費用30万、月額9万×12ヶ月=108万)

利用用途 アクセス認証
メール暗号化
文書署名
限定された1つの用途のみ
またはアクセス認証のみなど
画面カスタマイズ
オプション
すべて無償
(画面カスタマイズ、管理者追加、
プロファイル追加、S/MIMEへの利用)
有償
テスト環境提供 1年間有効 60日間有効
証明書再発行 有効期間内であれば
無償で再発行
不明

お客様導入事例

キーポイント

  • 「お客様の要望で、自社サービスのアクセスコントロール強化としてID・パスワードとクライアント証明書の二要素認証を導入。1枚の証明書を複製して利用可能なことが大きなメリットでした。」

メディビック

  • 「インターネットを通じて配布も可能な点と、顧客も自社も負担なく導入可能な点がいいですね。少ないライセンス数から導入可能な事および初期費用無料が決め手になりました。」

株式会社トランスネット

  • 「同様のサービスを提供している他社と違い、顧客提案時のコンサルティング料や認証局構築費用、維持手数料などコストが掛からず、シンプルな料金体系なことから導入を決定しました」

クライアント証明書とは

クライアント証明書とは、接続元の端末にインストールされた証明書を識別し、個人や組織を認証する電子証明書のことです。
クライアント証明書を利用することで、重要な情報が格納されたシステムへのアクセスコントロールが可能になり、利便性とセキュリティを両立させることができます。

さらに電子メールへの電子署名と暗号化により、メール受信者は証明書情報から送信元を確認することができ、なりすましの防止や改ざんの有無などを確認することができます。
近年では、クライアント証明書を用いたBYOD (Bring Your Own Device)の活用や、非常時の事業継続におけるセキュリティ対策として、あらかじめクライアント証明書を準備しておくといった活用も進んでいます。

よくある質問

Q. 導入までにどのくらいの時間がかかりますか?
当サービスは、お申し込み後に会社の実在確認の審査を行います。電話で審査が進められる場合は最短で1,2営業日程度、書類審査が必要な場合は1週間程度がかかります。
Q. 導入を検討中ですが、設定やインストール方法のマニュアルはありますか?
お客様が手軽にクライアント証明書を導入できるよう、弊社ウェブサイトのサポートページにてマニュアルをご用意しております。またお問い合わせも随時受け付けております。
Q. 1人で複数のPCや端末を業務利用している場合は、端末ごとにライセンスが必要でしょうか?
グローバルサインの証明書はコピー利用が可能で、コピー数に制限はありません。 必要な端末数分をコピーして、それぞれインストールして利用することが可能です。
Q. 万が一証明書を紛失した場合、再発行は可能ですか?
契約期間内であれば、専用の管理画面からいつでも再発行が可能です。
クライアント証明書まとめ 詳しくはこちら

グローバルサインのSSLサーバ証明書により運営者情報が認証されています。

SSLはグローバルサイン - © 2007-2016 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.