ドキュメントセキュリティ

文書署名用証明書

インターネット上での印鑑の役割を果たす電子署名。紙での文書管理から、電子データでの文書管理へ。

  1. SSLのグローバルサイン
  2. サービス一覧
  3. 文書署名用証明書

重要文書への電子署名とタイムスタンプで信頼性アップ

文書署名用証明書は、電子文書(PDF・Excel・Word・PowerPoint)に署名した人や署名日時、PDFについては改ざんの有無を明示的に表示するための電子署名用証明書です。

文書の電子保管

個人・法人とも購入可能

紙文書の管理を電子保管にすることで、紙を保管するためのスペースやコストを削減できます。

ワークフローの電子化

タイムスタンプ付きデジタル署名

紙で行なっていた承認処理を、PDF・Word・Excel・PowerPiontの電子データに署名することにより、外出先からでも承認処理することが可能になります。

サービスラインナップ

グローバルサインの文書署名用証明書は、PDFおよびMS Officeの各文書(Word・Excel・PowerPoint)への電子署名に対応しております。
署名対応している文書形式や、電子署名の方法・回数に応じ、以下の2種類のサービスをご用意しております。 ※MS Officeの各文書では、初期設定でタイムスタンプに対応しておりません。

USBトークン格納タイプ

年間の署名回数が少なく、手軽に手動で署名を行ないたい場合にご利用いただけます。対応電子文書ボリュームディスカウントによるご購入も可能です。

価格年額84,000円
対応電子文書PDF
MS Office文書(Word・Excel・PowerPoint)
タイムスタンプ
署名回数
3,000回まで/年

HSM自動署名タイプ

年間の署名回数が多く、大量の文書に自動で署名を行なう場合にご利用いただけます。Adobe®LiveCycle®Digital Signatures ESと連携させ、PDFファイルへのデジタル署名・検証処理をサーバー上で自動化させることができます。

価格お問い合わせください
対応電子文書PDF
タイムスタンプ
署名回数
25,000回以上/年

文書署名用証明書サービスの特徴

日本語表示

日本語表記

企業名(署名者の名前)などの証明書情報を、日本語で表示することができます。
※英語表記も可能です。

署名の自動検証

署名の自動検証

Adobe Reader 9.0以上があれば、プラグインや設定の変更無しで自動で検証されます。

導入後も安心

導入後も安心

契約期間内であれば、万が一証明書が紛失した場合でも、無償で再発行いたします。その他、各種アプリごとの設定・インストールマニュアルなどサポート情報も充実。

電子文書への署名の必要性

PDF・MS Officeなど各種電子文書は、ビジネス上欠かせないツールになりました。一方で、簡単にコピーの作成、改ざんが可能なため、管理・保存方法が課題となっています。
またe文書法や電子署名法が制定されるなど、電子文書の原本性確保の重要性が問われるようになってきました。
電子文書への電子署名は、紙文書における「印鑑+印鑑証明書」にかわるもので、電子文書の改ざんを検知し、原本性を確保することができます。

主な活用例

帳票のペーパーレス化

帳票のペーパーレス化

注文書などの紙文書の郵送から電子文書のメール配布で郵送費カット、スピードアップに。

IR・プレスリリース配信

IR・プレスリリース配信

インターネット上でダウンロードできる情報の身元や原本性の保証に。

承認フローの電子化

承認フローの電子化

出張の多い役員や海外役員の承認フローを円滑に。

提出データの信頼性確保

提出データの信頼性確保

企業へのCAD、試験データの提出やお客様への契約プラン、明細の提示に。

よくある質問

Q. 導入までにどのくらいの時間がかかりますか?
当サービスは、お申し込み後に会社の実在確認の審査を行います。電話で審査が進められる場合は最短で1,2営業日程度、書類審査が必要な場合は1週間程度がかかります。USBトークン格納タイプをお申し込みの場合は、審査完了後にトークンを郵送いたします。
Q. 万が一証明書を紛失した場合、再発行は可能ですか?
契約期間内であれば、専用の管理画面からいつでも再発行が可能です。
Q. トークンを紛失してしまった場合、トークンを再度もらうことは可能ですか?
無償での再提供は行なっておりませんのでご了承ください。
ページのトップへ戻る