電子署名ソリューション

サービスについて

グローバルサインの文書署名用証明書は、アドビの承認済み信頼リスト(AATL)およびマイクロソフトのルート信頼リストのメンバーとして、主要なプログラムと互換性があります。また、日本国内の電子文書や電子署名にかかる各種法令にも対応しており、さらにEU加盟国に適用される電子認証や電子署名などの法的規則「eIDAS」に認定されました。

電子署名ソリューションについて

グローバルサインの文書署名用証明書は様々な法令・規制に準拠

グローバルサインの文書署名用証明書は、アドビの承認済み信頼リスト(AATL)およびマイクロソフトのルート信頼リストのメンバーとして、主要なプログラムと互換性があります。 AATL(Adobe Approved Trust List)証明書と呼ばれ、アドビが求める要件をクリアした認証局のみが発行可能です。 また、日本国内の電子文書や電子署名にかかる各種法令にも対応しており、さらにEU加盟国に適用される電子認証や電子署名などの法的規則「eIDAS」に認定されました。

電子帳簿保存法 認定タイムスタンプでの署名が行えるため、決算関係書類、契約書や領収書などの証憑類の電子化で対応が必要になる電子帳簿保存法に対応しています。
eIDAS認定 グローバルサインは、EU加盟国に適用される電子IDや電子認証、電子署名等の基準を定めた法的規則「eIDAS」に、日本に本社がありグローバルに事業展開する電子証明書ベンダーとして初めて認定されました。
※現在eIDAS対応サービスの準備中です。販売開始時期が決まりましたらウェブサイト上でご案内します。
クラウド署名コンソーシアムの一員 アドビが2016年6月に設立した、電子署名業界および学術界の専門家から構成される国際団体に2018年5月に加盟しています。クラウド上の電子署名の実施において、国・地域・組織により異なる電子署名の基準を統一し、eIDASのような国際的な法規制を遵守した電子署名を実現するためのオープンな標準仕様(標準規格)を決定しています。
「アドビクラウド署名パートナープログラム」契約 電子証明書ベンダーとしては初めて、「Adobe Cloud Signature Partner Program」契約を2018年5月に締結し、アドビの電子サインサービス「Adobe Sign」とのサービス連携を実現しました。

世界標準時刻の正確なタイムスタンプ

タイムスタンプ付きデジタル署名をすることが可能です。タイムスタンプサーバから取得した正確な世界標準の時刻が署名されます。

グローバルサインの強み

PKI技術ノウハウをベースにした
国内開発体制

本サービスを始め、SSL・アクセスコントロール・電子メールの署名・暗号化など、PKIの仕組みを利用した様々な電子証明書サービスは、全て日本国内拠点で開発しております。

わからないことは
何度でも相談は無料

文書管理の方法や電子署名についてわからないことは、何度でも相談可能です。

お客様のニーズに沿った
ご提案が可能

既存のワークフローや電子契約システムと弊社電子署名サービスまたはタイムスタンプとの組み合わせ、弊社パートナー企業のパーツとの組み合わせなど、お客様と提携パートナーと弊社との密接なやり取りにより、お客様に最適な仕組みをご提案します。

ご相談・お見積もり

電子署名ソリューション・製品・提携パートナーに関するご質問や、導入に関するご相談・お見積もりにつきましては、下記フォームにてお気軽にお問い合わせください。

03-6370-6500
(平日10時〜18時)
お問い合わせフォームはこちら

ページのトップへ戻る