PDF・MS Office文書への電子署名に対応

文書署名用証明書

インターネット上での印鑑の役割を果たす電子署名。小規模から大規模な組織、さらにあらゆる業種で使われている電子文書の信頼性向上と改ざんを防止します。

PDF資料配布中

文書署名用証明書でペーパーレスと高セキュリティを両立

グローバルサインの文書署名証明書は、PDF文書、WordやExcelなどのMS Officeで作成された電子文書に電子署名を行うための証明書です。

紙文書における署名の必要性は、組織のほぼすべての部門で発生しますが、捺印や署名の前に文書を印刷する必要があり非効率的です。 そして、捺印や署名する人物が不在の場合、その分決裁が遅れることとなり、ワークフローの遅延が発生します。

また、紙文書で行なっていた作業を電子化することで、ペーパーレスによるコスト削減や、外出先でもオンラインで決裁が可能になるなど、承認処理にかかるリソースや時間の削減が実現しますが、オンライン上での印影やサインは画像化することも可能で、作成者本人の証明にはならないうえ、情報が改ざんされた場合は検出することが難しいという問題が発生します。

そこで、電子文書に電子証明書を用いた「文書署名用証明書」にて署名することにより、「いつ」「誰が」作成した文書であるかが明確になり、文書の作成者の身元が保証されます。さらに、作成者なりすましの防止や文書の改ざんの検知が可能になり、高いセキュリティを実現します。

Scalable deployments and integrations

作成者の身元を証明

電子署名法に於ける特定認証業務であるグローバルサインから身元審査を受け発行された証明書を用いることにより、署名実行者の本人性を証明できます。

Timestamping included

タイムスタンプ

認定タイムスタンプの付与により、世界標準の正確な時刻の付与だけでなく、電子帳簿保存法に対応可能です。

Multiple signing identity options

改ざん防止

秘密鍵と公開鍵を利用した公開鍵暗号基盤(PKI)による電子署名が付与された電子文書は、第三者によって変更することができなくなります。また変更が検知されると警告が表示されます。

Meet industry and regulatory compliance

電子文書の信頼性向上

紙文書での署名・押印に相当するものとして法令で定められているものであり、電子文書の信頼性を担保します。

Save time and money over wet ink signatures

効率化・コスト削減

契約・請求など、業務上必要になる紙文書を法令に則ってペーパーレス化することにより、効率化・コスト削減に繋がります。

様々な法令・規制に準拠した
グローバルサインの文書署名用証明書

グローバルサインの文書署名用証明書は、アドビの承認済み信頼リスト(AATL)およびマイクロソフトのルート信頼リストのメンバーとして、主要なプログラムと互換性があります。
AATL(Adobe Approved Trust List)証明書と呼ばれ、アドビが求める要件をクリアした認証局のみが発行可能です。
また、日本国内の電子文書や電子署名にかかる各種法令にも対応しており、さらにEU加盟国に適用される電子認証や電子署名などの法的規則「eIDAS」に認定されました。

電子帳簿保存法への対応

認定タイムスタンプでの署名が行えるため、決算関係書類、契約書や領収書などの証憑類の電子化で対応が必要になる電子帳簿保存法に対応しています。

eIDAS認定

グローバルサインは、EU加盟国に適用される電子IDや電子認証、電子署名等の基準を定めた法的規則「eIDAS」に、日本に本社がありグローバルに事業展開する電子証明書ベンダーとして初めて認定されました。
※現在eIDAS対応サービスの準備中です。販売開始時期が決まりましたらウェブサイト上でご案内します。

クラウド署名コンソーシアムの一員

アドビが2016年6月に設立した、電子署名業界および学術界の専門家から構成される国際団体に2018年5月に加盟しています。クラウド上の電子署名の実施において、国・地域・組織により異なる電子署名の基準を統一し、eIDASのような国際的な法規制を遵守した電子署名を実現するためのオープンな標準仕様(標準規格)を決定しています。

「アドビクラウド署名パートナープログラム」契約

電子証明書ベンダーとしては初めて、「Adobe Cloud Signature Partner Program」契約を2018年5月に締結し、アドビの電子サインサービス「Adobe Sign」とのサービス連携を実現しました。

活用が推奨される業界

医療・医薬分野

カルテ・検査データ・患者の同意書・処方箋・紹介状・伝票・検査画像・試験データ・研究データなど

建築・不動産分野

建築確認審査・CADデータ・建築工程表・物件資料・賃貸借契約書・保証委託契約書・家財保険申込書など

金融・保険分野

住宅ローン、融資などの契約書・口座振替依頼書・本人確認書・保険購入時のお見積り書類、申込書類、契約書など

企業内利用

経費の申請・承認などのワークフロー、IR資料・プレスリリースなど会社からの公的な資料、業務マニュアル、給与明細、請求書など。

サービスラインナップ

署名対応している文書形式や、電子署名の方法・回数に応じ、以下の3種類のサービスをご用意しております。
※MS Officeの各文書では、初期設定でタイムスタンプに対応しておりません。

手軽に手動で電子署名

USBトークン格納タイプ

USBトークンに電子証明書を格納したタイプで、年間の署名回数が少なく、手軽に手動で署名を行ないたい場合にご利用いただけます。ボリュームディスカウントによるご購入も可能です。

価格年額84,000円
対応電子文書PDF
MS Office文書(Word・Excel・PowerPoint)
署名対象組織
組織内部門
組織内個人
タイムスタンプ
署名回数
3,000回まで/年
サーバ上で大量の電子文書へ高速自動署名

HSM格納タイプ

年間の署名回数が多く、大量の電子文書に自動で署名を行なう場合にご利用いただけます。
HSMとAdobe®LiveCycle®Digital Signatures ESを連携させ、 既存の文書管理プラットフォームに電子署名を組み込んで、署名プロセスを自動化させることができます。

価格お問い合わせください
対応電子文書PDF
署名対象組織
組織内部門
タイムスタンプ
署名回数
25,000回以上/年
API接続で文書管理プラットフォームと連携

Digital Signing Suite(DSS)

電子署名に必要なものが全て揃ったクラウドベース文書署名ソリューション。証明書の発行や失効確認、鍵を強固に保護するクラウドHSM、日時を保証するタイムスタンプまで、電子署名に必要な要素一式をREST APIのシンプルなインターフェースで利用可能にする、業界初のサービスです。

価格お問い合わせください
対応電子文書PDF
MS Office文書(Word・Excel・PowerPoint)
署名対象組織内部門
組織内個人

※HSM:ハードウェア・セキュリティ・モジュール (Hardware Security Module)。HSMは、お客様自身でご用意していただく必要があります。

ページのトップへ戻る