証明書をUSBトークンで管理。手動で文書署名が可能

USBトークン格納タイプ

初期費用無料。PDF・MS Office電子文書にタイムスタンプ付きのデジタル署名で改ざん防止、原本の信頼性アップ。

PDF資料配布中
  1. SSLのグローバルサイン
  2. サービス一覧
  3. 文書署名用証明書
  4. USBトークン格納タイプ(手動署名)

手軽にPDFとMS Office文書へタイムスタンプ付き電子署名

USBトークンに電子証明書を格納したタイプでは、署名する回数や文書量が少なく、オンラインではなく手動で手軽に電子署名を行いたい場合に向いています。PDFおよびMS Officeの各文書(Excel・Word・PowerPoint)への電子署名に対応しております。
署名した人や署名日時、改ざんの有無(PDFのみ)を明示的に表示します。

各種電子文書にタイムスタンプ付きデジタル署名をすることが可能です。タイムスタンプサーバから取得した正確な世界標準の時刻が署名されます。
※MS Officeの各文書では、初期設定でタイムスタンプに対応しておりません。

サービスの特徴

証明書情報の日本語表示

日本語表記

企業名(署名者の名前)などの証明書情報を、日本語で表示することができます。
※英語表記も可能です。

署名の自動検証

署名の自動検証

Adobe Reader 9.0以上があれば、プラグインや設定の変更無しで自動で検証されます。

導入後も安心

導入後も安心

契約期間内であれば、万が一証明書が紛失した場合でも、無償で再発行いたします。その他、各種アプリごとの設定・インストールマニュアルなどサポート情報も充実。

価格

  価格(税抜) 複数年契約による割引額
1年 ¥84,000
2年 ¥142,800 ¥26,000
3年 ¥189,000 ¥63,000

ボリュームディスカウントに対応

社内ワークフローや文書へ署名を行う際に、複数の方が証明書を持つ必要がある場合は、ボリュームディスカウントによるご購入が可能です。10ライセンス以上をご希望の場合は別途お問い合わせください。

PDF文書の署名・検証の流れ

グローバルサインの文書署名用証明書なら、署名・検証が簡単です。

Adobe Acrobatを使ってPDFへ署名する場合、USBトークンに格納された証明書を選択後、署名を作成しタイムスタンプを設定するだけで、署名が完了します。
詳しい署名の方法は、「Adobe Acrobatで「署名を作成」する方法 」をご確認ください。

PKIの仕組みを利用し、わずかでも改ざんがあれば検知します。Adobe Readerにより誰でも簡単に自動検証することができます。閲覧者はAdobe Readerにプラグインのインストールや特別な設定を行うことなく文書の真正性(署名者の本人性、改ざんがないかの完全性)を検証することができます。
詳しい検証の方法は、「 Adobe Readerによる検証の方法」をご確認ください。

署名・検証の流れ

利用事例

個人署名

組織内でのデータのやり取りや、個人で作成した文書に最適です。

  • 教授や学生の作成した論文
  • 取締役会の議事録
  • 給与明細書
  • 見積書、納品書
  • ワークフロー

部門署名

部署間もしくは組織間でのデータのやり取りや、特定の人向けの公開文書に最適です。

  • 給与明細書
  • 保険の見積書
  • 見積書、請求書、納品書
  • CADデータ
  • マニュアル
  • 電子カルテ

法人署名

不特定多数の方向けに公開する文書や、組織全体として発行する文書などに最適です。

  • 決算資料
  • プレスリリース
  • 製品カタログ
  • 取扱説明書

無料PDF資料「電子文書の改ざんとなりすまし作成を防ぐ【電子署名とは】」配布中!

電子文書の改ざんとなりすまし作成を防ぐ【電子署名とは】 PDF資料

ビジネスの様々な場面で使われているWordファイルやPDFファイルなどの電子文書。会社間の取引や契約、配布する公的な資料など、電子化されたファイルは偽装や改ざんのリスクがあります。そのような被害から作成側である企業を守るべく、電子署名の導入で安全なペーパーレス環境構築を検討中のお客様向けに、電子署名の基礎知識と役割、活用法と利用が推奨される業界例、導入するメリットをまとめたPDF資料を作成いたしました。

資料ダウンロードはこちらから

よくある質問

Q. 導入までにどのくらいの時間がかかりますか?
当サービスは、お申し込み後に会社の実在確認の審査を行います。電話で審査が進められる場合は最短で1,2営業日程度、書類審査が必要な場合は1週間程度がかかります。USBトークン格納タイプをお申し込みの場合は、審査完了後にトークンを郵送いたします。
Q. 万が一証明書を紛失した場合、再発行は可能ですか?
契約期間内であれば、専用の管理画面からいつでも再発行が可能です。
Q. トークンを紛失してしまった場合、トークンを再度もらうことは可能ですか?
無償での再提供は行なっておりませんのでご了承ください。

発行期間について

  • ※銀行振込(前払い)の場合、入金確認後の発行になります。
  • ※書類提出が必要なお客様は書類到着後に審査が開始されます。
  • ※フィッシング詐欺対策のため、別途追加審査が必要となる場合がございます。 その場合発行までに通常のフローよりお時間をいただくことや、別途ご連絡をさせていただくことがございます。承認メールは追加審査終了後に発送されます。 また、審査基準に満たないお申し込みにつきましては、発行に至らない場合がございます。 更なるセキュリティ強化のため、ご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。
ページのトップへ戻る
WebCM配信中!