サポート

証明書の設定について

  1. GMOグローバルサイン サポート
  2. SSLサーバ証明書サポート情報
  3. 証明書の設定について
  4. 証明書の設定について
最終更新:2022/04/19 16:26:45
ブラウザから証明書ファイルをエクスポートするには
下記詳細より手順をご確認ください。
詳細はこちら
ブラウザへ証明書ファイルをインポートするには
下記詳細より手順をご確認ください。
Internet Explorerの場合
Google Chromeの場合
Firefoxの場合
Java環境に手動でグローバルサインのルート証明書をインストールする方法
下記詳細より手順をご確認ください。
詳細はこちら
Windows環境で証明書をインポートする方法
下記詳細より手順をご確認ください。
詳細はこちら
Windows環境で証明書をエクスポートする方法
下記詳細より手順をご確認ください。
詳細はこちら
MMCで証明書スナップインを追加する方法
下記詳細より手順をご確認ください。
詳細はこちら
IIS6.0でワイルドカード/マルチドメイン証明書を利用する方法
下記詳細より手順をご確認ください。
詳細はこちら
pfx(PKCS12)形式の証明書をインポートしてIISで利用するには。
下記詳細より手順をご確認ください。
詳細はこちら
IISを利用していますが、PEM形式で証明書をインストールしてしまいました。
IISをご利用の場合、通常PKCS7形式の証明書をインストールいただくことで、中間CA証明書も一緒にインストールされますが、PEM形式でインストールした後、手動で中間CA証明書をインストールすることも可能です。
以下手順をご覧いただき、証明書スナップインよりインストールを行ってください。
詳細はこちら
Apacheでワイルドカード/マルチドメイン証明書を利用する方法
下記詳細より手順をご確認ください。
詳細はこちら
Apacheでの、パスフレーズ入力なしでの起動方法。
下記詳細より手順をご確認ください。
詳細はこちら
Webサーバ GlassFish で使用することはできますか。
GlassFishは、JavaのKeystoreファイルで鍵を管理していますので、以下マニュアルの手順にてCSR生成、証明書のインストールを行っていただくことでご利用可能です。
[CSR生成] Keytool (新規・更新)[インストール] Keytool (新規・更新)

デフォルトで読み込まれるJKSファイルは、config内のkeystore.jksです。
例:domain1 というサイトの場合
インストールディレクトリ/domains/domain1/config/keystore.jks

なお、デフォルトのパスワード changeit 以外をご利用になる場合、別途設定が必要となります。詳しくは関連サイトや、製品サポートにてご確認ください。

How to change the Keystore Password

nginxに中間証明書をインストールする方法
nginxには、中間証明書を直接指定するディレクティブが用意されていないため、サーバ証明書と中間証明書を結合したものを「ssl_certificate」で指定します。

ファイル結合コマンド例
# cat server.cer cacert.cer > cert.pem
結合した証明書ファイルは、下記のような構成になります。
-----BEGIN CERTIFICATE-----
[サーバ証明書]
-----END CERTIFICATE-----
-----BEGIN CERTIFICATE-----
[中間証明書]
-----END CERTIFICATE-----
Keystoreファイルに問題がないか確認する方法
下記詳細より手順をご確認ください。
詳細はこちら
PLESKでワイルドカード証明書を利用するには。
下記詳細より手順をご確認ください。
詳細はこちら
4D Server で中間証明書をインストールする方法
4D Serverでの中間証明書のインストール方法について、以下の情報が公開されております。
証明書と続けて中間証明書を記載することで対応可能なようですので、お試しください。
証明書チェーンに対応する方法
より詳細な情報につきましては、製品サポートにご確認ください。
AEP A-Gateシリーズで、証明書をインストールする手順について
本情報に関しては、弊社では未検証となっております。
詳細につきましては、製品購入元にご確認くださいますようお願いいたします。
「ルート証明書」、「中間証明書」を弊社ウェブサイト「リポジトリ・利用規約」からダウンロードします。

ダウンロードした「ルート証明書」を、メモ帳などのエディタで開き、その内容を
  System Configuration > SSL > CA Certificates > Upload Newの
  Certificate: の部分に貼り付けます。
次に画面下のAssociated services:でWeb Serverのみにチェックをつけ、
[Submit]ボタンをクリックします。

「中間証明書」をメモ帳などのエディタで開き、前の手順と同様に登録を行います。

メールでお送りしましたお客様のサーバ証明書のインストールを行います。

サポートサイト内検索

お気軽にお問い合わせください

03-6370-6500

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  5. その他のお問い合わせ(5を押した上で、以下の番号をお選びください。)
    1. パートナー契約に関するお問い合わせ
    2. 採用に関するお問い合わせ
    3. 総務へのご連絡
ページのトップへ戻る