サポート

[文書署名用証明書 / EVコードサイニング] 証明書の取得方法

トークンドライバのインストールが完了していない場合は、以下の手順で先にインストールを行ってください。 Windows用USBトークンドライバのインストール方法

トークンの初期化

トークンの初期化を行います。既にインストールされている証明書がある場合、それらは削除されます。

USBトークンをPCにセットし、SafeNet Authentication Client Toolsを起動します。

枠内の「アドバンスト表示」ボタンをクリックします。

リボンアイコン部分にカーソルを合わせて、マウスを右クリックし、メニュー内の「トークンの初期化」を選択します。

「新規トークン パスワード」と「確認入力」欄にお客様任意のパスワードを入力していただきます。また、「初回ログオン時にトークン パスワードを変更する必要があります」のチェックボックスをオフにします。

ここで設定したパスフレーズを忘れてしまうと、証明書が使用できなくなります。
また、パスフレーズの入力を規定回数以上連続で間違えると、USBトークンがロックされ、初期化されます。
初期化後に証明書をもとに戻すことはできませんので、ご注意ください。

証明書のインストール

証明書の発行審査が完了すると、件名「電子証明書取得のお願い」メールが届きます。 受け取ったUSBトークンをPCに挿した状態で、「証明書取得用URL」にアクセスします。

お申し込み時に設定したパスワードを入力し、次へ進みます。

はい をクリックして進みます。

eToken Base Cryptographic Providerが選択されていることを確認し、次へ進みます。

トークンパスフレーズを入力します。

トークン上で鍵の生成が始まりますので、しばらくお待ちください。

鍵の生成が完了すると、証明書のインストールのボタンが表示されますので、クリックします。

“はい”をクリックします。

インストールは完了です。最後に証明書が実際にインストールされているかの確認を行います。

タスクトレイに常駐しているSafeNet Authentication Clientのアイコンを右クリックし、「証明書情報」をクリックすることで申請した証明書が入っている事を確認できます。

サポートサイト内検索

03-6370-6500 お気軽にお問い合わせください

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. その他のお問い合わせ(4を押した上で、以下の番号をお選びください。)
  5. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  6. パートナー契約に関するお問い合わせ
  7. 総務へのご連絡

お問い合わせはこちら

SSLはグローバルサイン - © 2007-2016 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.