サポート

[インストール] Oracle Wallet Manager (新規・更新)

※このマニュアルは、Windows版を元に作成しております。
※弊社では未確認ですが、バージョンによっては中間CA証明書の設定ができない場合やCSRと証明書のディスティングイッシュネームが一致しない事で証明書のインポートができない場合があるようです。ご注意ください。

契約者、技術担当者宛に送信しております「サーバ証明書発行のお知らせ」メール本文から「◆証明書」「◆中間CA証明書」のデータ
(-----BEGIN CERTIFICATE-----から -----END CERTIFICATE----- まで)をコピーしてサーバに保存します。

ルート証明書は、下記より必要なものをダウンロードし、サーバに保存します。
ルート証明書/中間CA証明書

Oracle Wallet Managerを起動し、CSRを生成したWalletを開きます。

メニューの「操作」-「信頼できる証明書のインポート」を選択し、①で作成したルート証明書・中間CA証明書をインポートします。

メニューの「操作」-「ユーザー証明書のインポート」を選択し、 ①で作成した証明書をインポートします。

必要であればメニューの「Wallet」-「自動ログイン」にチェックを入れ、「保存」でWalletを保存します。

no06.gif 「ssl.conf」の「SSLWallet」ディレクティブにWalletを保存したパスを指定します。

<VirtualHost _default_:443>
SSLEngine on
SSLWallet file:[ORACLE_HOME]\Apache\Apache\conf\ssl.wlt\default
</VirtualHost>

このほかの詳細な情報に関してはOracleのWEBページを確認してください。

サポートサイト内検索

03-6370-6500 お気軽にお問い合わせください

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. その他のお問い合わせ(4を押した上で、以下の番号をお選びください。)
  5. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  6. パートナー契約に関するお問い合わせ
  7. 総務へのご連絡

お問い合わせはこちら

SSLはグローバルサイン - © 2007-2016 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.