サポート

ドメイン名所有者・使用権の確認について

SSLサーバ証明書の発行にあたり、グローバルサインではドメイン名の所有者を確認します。

証明書申請に使用するドメイン名の登録状況によって、WHOISの修正や所有者確認が必要となる場合があります。
証明書申請の組織が、ドメイン名所有者として登録されているかを、ドメイン登録情報検索(WHOIS)にて確認ください。

ドメイン登録情報検索(WHOIS)について

JPドメインの場合

JPRS・JPドメイン名登録情報検索サービス

.jp .co.jp .or.jp .ac.jp 他 .ne.jpを除くJPドメインはwhoisの[Registrant]もしくは[Organization]がドメイン名所有者として登録されているかをご確認ください。

ne.jp .ne.jpドメインの場合は[登録担当者]の詳細情報にて[Organization]がドメイン名所有者として登録されているかをご確認ください。

gLTDドメインの場合(.com .net .org)

Newwork Solutions・NIC Whois Gateway

ドメイン登録情報検索(WHOIS)の[Registrant]もしくは[Organization]がSSLサーバ証明書の使用組織情報と異なる場合などは、以下の対応をお願いします。

申請内容とWHOISの登録情報が異なる場合 WHOISの登録情報を更新・修正してください。

申請組織とWHOISに登録のある所有者名義が異なる場合 WHOISに登録のあるRegistrant(登録担当者など)から、申請組織へのドメイン名使用許諾が必要となります。ドメイン名使用許諾の確認方法は書類・メールよりご選択ください。

メールによる確認について

ドメイン名(IPアドレス)使用許諾メールが送信されるメールアドレスは、ドメイン名(IPアドレス)所有者、管理担当、技術担当のいずれかとなります。

ドメイン名(IPアドレス)使用許諾メールについて

ドメイン名(IPアドレス)使用許諾メールの送信先は以下のドメイン名(IPアドレス)使用許諾メールアドレスのいずれかより、ご指定いただけます。

[WHOIS情報を利用する場合]

WHOISで登録の確認できるドメイン名(IPアドレス)の所有者(Registrant)、管理担当(Admin)、技術担当(Tech)のいずれか

[管理者としてみなされるメールアドレス]

admin@、administrator@、hostmaster@、webmaster@、postmaster@コモンネーム、または、admin@、administrator@、hostmaster@、webmaster@、postmaster@コモンネームで使用されているドメイン名のいずれか

ドメイン名(IPアドレス)所有者様・メールアドレスについてのご質問は、お問い合せフォームよりお問い合せください。

審査時に、グローバルサインよりドメイン名(IPアドレス)使用許諾メールの送信先を確認いたしますので、申請者様はメール受信者様へ、あらかじめ以下のご連絡を行ってくださいますようお願いいたします。

  • 証明書申請のドメイン名(IPアドレス)にてサーバ証明書を取得すること
  • グローバルサインよりドメイン名(IPアドレス)使用許諾メールが送信されること
  • ドメイン名(IPアドレス)使用許諾メールに同意し、返信いただく必要があること

メールによるドメイン名(IPアドレス)使用許諾の確認手順

  1. GSパネルよりサーバ証明書の申請後、お問い合せフォームより必須記入項目に加え以下の項目をお知らせください。
    ・証明書申請のコモンネーム
    ・オーダーID
    ・ドメイン名(IPアドレス)使用許諾メールアドレス一覧のいずれかのメールアドレス
  2. グローバルサインにて、1.でご指定いただいたメールアドレスの確認を行います。(※)
  3. グローバルサインより2.で確認できたメールアドレスへドメイン名(IPアドレス)の使用許諾メールを送信します。
  4. ドメイン名(IPアドレス)使用許諾メールの受信者様は、グローバルサインへドメイン名(IPアドレス)使用許諾メールをご返信いただきます。
  5. グローバルサインは、返信されたドメイン名(IPアドレス)使用許諾メールの確認を行います。

※上記の確認が完了しない場合は、ドメイン名(IPアドレス)使用許諾書のご提出が必要になる場合があります。

ページによる確認について

SSLサーバ証明書の申請者が証明書に記載するドメイン(コモンネーム)の使用権を所有していることを確認させていただきます。
ウェブページをご変更いただきドメイン名所有者様の使用許諾を確認します。
METAタグを確認するため、外部(グローバルサイン)からアクセスできる状態であることが必要です。
※ただし、SSLマネージドサービスと、ワイルドカードオプションには利用できません。

コモンネームがwww.ドメイン名またはドメイン名のみの場合 例)www.example.com、example.com 以下いずれかのURLを入力した時に表示されるページにMETAタグをご設定ください。
http://www.example.com/
http://example.com/
https://www.example.com/
https://example.com/

コモンネームが上記以外の場合 例)ssl.example.com 以下いずれかのURLを入力した時に表示されるページにMETAタグをご設定ください。
http://ssl.example.com/
https://ssl.example.com/
http://www.ssl.example.com/
https://www.ssl.example.com/
METAタグの確認のため、外部(グローバルサイン)からアクセスできる状態であることが必要です。

HEADタグ内にMETAタグを挿入してください。 <html>
<head>
<meta name="globalsign-domain-verification" content="(指定のID)" />
</head>
<body>
</body>
</html>

ページによるドメイン名の使用許諾の確認手順

  1. お申し込み完了後、グローバルサインへウェブページ変更によるドメイン使用許諾確認を希望する旨ご連絡ください。
  2. グローバルサインよりドメイン名使用許諾確認用の指定のMETAタグをご連絡します。
  3. METAタグをグローバルサイン指定のウェブページに設定してください。
  4. METAタグが設定されたURLをグローバルサインへご返信いただきます。
  5. グローバルサインにてMETAタグが指定のページに設定されていることを確認し、ドメイン使用許諾の確認を完了します。

上記審査に加え、ご契約者様に申請確認のため弊社よりお電話させていただきます。

書類による確認について

ドメイン名(IPアドレス)使用許諾書は、ドメイン名(IPアドレス)のRegistrantとして登録のある組織または個人様によるご記入・押印が必要となります。以下より書類をダウンロードして、 記入例を参考にご記入のうえ、GMOグローバルサインへ他の申請書類と併せてご提出ください。

ドメイン名使用許諾書のダウンロード
記入例

WHOISで、ドメイン名所有者の確認が行えない場合 JPRSなどのレジストリサービスの「情報開示請求回答書」をグローバルサインへ提出してください。

WHOISに登録のある所有者と連絡が取れず、ドメイン名の使用許諾を確認することができない場合 弁護士意見書の提出とWebサイトの修正
弁護士意見書提出後に、ドメイン名の使用権を確認するため、グローバルサインは証明書申請組織へ、申請にあるFQDNを含むURLのWebページの修正(コンテンツの修正)を依頼します。
詳細は、グローバルサインより別途ご案内いたします。

サポートサイト内検索

03-6370-6500 お気軽にお問い合わせください

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. その他のお問い合わせ(4を押した上で、以下の番号をお選びください。)
  5. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  6. パートナー契約に関するお問い合わせ
  7. 総務へのご連絡

お問い合わせはこちら

SSLはグローバルサイン - © 2007-2016 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.