サポート

ディスティングイッシュネームとは何ですか。

ディスティングイッシュネームとは、CSRに含まれる、サイトやサイト運営団体に関わる情報です。
以下は、SSLサーバ証明書を申請する際の入力例になります。
※半角英数文字と半角スペース、および 半角記号 !#%&'()*+,-./:;=?@[]^_`{|}~が利用可能です。日本語の文字列(2バイト文字)はご利用いただけません。

項目名 説明

Common Name

サイトのFQDN(グローバルIPオプションをご利用の場合はIPアドレス)です。この名前は完全一致する必要があります。
URLが「https://www.globalsign.co.jp/」のサーバ証明書を申請する場合、CSRのコモンネームは「www.globalsign.co.jp」と指定しなければなりません。
※ワイルドカード証明書をご利用の場合は、*(アスタリスク)を含めてください。(省略不可)
※マルチドメインオプションで追加するFQDNは、申し込みフォームから設定をするため、CSRへの登録は不要になります。

www.globalsign.co.jp

Organization
※1

組織の法律上の正式英文名称です。
法人格(Co Ltd Inc K.K.等)は入力必須です。

GlobalSign K.K.

Organization Unit
※1

組織での部署名です。

Sales

City or Locality
※1

組織が置かれている市区町村です。

Osaka-Shi

State or Province
※1

組織が置かれている都道府県です。(省略不可)

Osaka

Country
※2

国を示す2文字のISO略語です。(省略不可)

JP

※1「クイック認証SSL」の場合、ここに入力した値は証明書に反映されません。上記例の場合は、以下の情報となります。
(Organization、City or Locality、State or Provinceの項目はありません。)
   Common Name = www.globalsign.co.jp
   Organization Unit = Domain Control Validated 
   Country = JP
※2 国コード(C)は、コモンネーム(FQDN)を元にDNSに登録されているIPアドレスの国から判断し、表示しています。

国コードが表示されないケース:
・DNSに登録が無い(ワイルドカードの場合も、同様の理由で表示できません。)
・複数のIPアドレスが登録され、それぞれの国が同一でない
・スキップ申請時に選択した国コード(C)とコモンネーム(FQDN)を元にDNS登録されているIPアドレスの国が一致しない

上記いずれかに該当する場合は、弊社認証ポリシー上、証明書の「C」を指定することができません。
「なし」の場合、証明書のディスティングイッシュネームに「C」の項目自体が入りません。

サポートサイト内検索

03-6370-6500 お気軽にお問い合わせください

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. その他のお問い合わせ(4を押した上で、以下の番号をお選びください。)
  5. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  6. パートナー契約に関するお問い合わせ
  7. 総務へのご連絡

お問い合わせはこちら

SSLはグローバルサイン - © 2007-2016 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.