サポート

[コードサイニング]署名したActiveXの認証時にエラーが出る場合の対処方法

コードサイニング証明書をご利用の際、対応環境での利用にもかかわらず、ActiveXの認証時にエラーが出る事がございます。
ブラウザの設定によるもので、「証明書の目的」が制限されている場合に表示されます。

ActiveX1.jpg

以下の設定をしていただく事で、エラーが表示されないようになりますのでお試しください。

1. 「インターネットオプション」を開き、「コンテンツ」内の「証明書」ボタンを押します。

ActiveX2.jpg

2. 「信頼されたルート証明機関」内の「GlobalSign Root CA」を選択し、「表示」ボタンを押します。

ActiveX3.jpg

3. 「詳細設定」内の「プロパティの編集」ボタンを押します。

ActiveX4.jpg

4. 「証明書の目的」内にある「コード署名」と「タイムスタンプ」にチェックを入れ、「OK」ボタンを押します。

ActiveX5.jpg

サポートサイト内検索

03-6370-6500 お気軽にお問い合わせください

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. その他のお問い合わせ(4を押した上で、以下の番号をお選びください。)
  5. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  6. パートナー契約に関するお問い合わせ
  7. 総務へのご連絡

お問い合わせはこちら

SSLはグローバルサイン - © 2007-2016 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.