サポート

[クライアント証明書]Outlookで署名付きメールの送信方法

  1. GMOグローバルサイン サポート
  2. クライアント証明書サポート情報
  3. メールクライアントへの設定
  4. [クライアント証明書]Outlookで署名付きメールの送信方法
最終更新:2022/11/25 10:24:36

このページでは、Microsoft Outlookで署名付きメールを送信する方法を説明します。

署名付きメールを送信する際には、Outlookで事前にクライアント証明書[S/MIME用証明書]の設定が必要です。 Outlookにクライアント証明書を設定する手順は、以下リンク先を確認してください。
[クライアント証明書]Outlookで自身のクライアント証明書を設定する方法

署名付きメールを送信する

Outlookを起動し、「新しい電子メール」ボタンをクリックします。

メール作成画面が表示されます。「宛先」に 署名付きメールの受信者のメールアドレスを指定し、件名と本文を入力します。

メッセージ作成画面「オプション」タブ → 「暗号化」項目の「署名」ボタンをクリックします。
「署名」ボタンが押下された状態になりますので、「送信」をクリックします。

参考

事前に以下の設定をしておくことで、メール作成時にデフォルトで「署名」が選択された状態となります。

Outlookの「ファイル」→「オプション」→「トラストセンター」→「トラストセンターの設定」の順で進めます。 「電子メールのセキュリティ」より、「電子メールの暗号化」内の「送信メッセージにデジタル署名を追加する」にチェックをいれて、「OK」を押します。

サポートサイト内検索

お気軽にお問い合わせください

03-6370-6500

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  5. その他のお問い合わせ(5を押した上で、以下の番号をお選びください。)
    1. パートナー契約に関するお問い合わせ
    2. 採用に関するお問い合わせ
    3. 総務へのご連絡
ページのトップへ戻る