1. GMOグローバルサイン
  2. 採用情報
  3. 社員インタビュー

社員インタビューInterview

テクニカルサポートTechnical Support

古舘Furutate
〈新卒入社〉

インタビュー動画を見る

テクニカルサポート 古舘
自分で何かをやりたいと意識がある人は成長が早い

やりたいことができる、そして海外で働ける可能性が高い
やりたいことができる、そして海外で働ける可能性が高い私がGMOグローバルサインと出会ったのは、大学3年生の時の就活フェアでした。従業員数や売上の海外比率が圧倒的に高い点と、まだまだこれから伸びていきそうな会社だと思いインターンを申し込みました。大学生である私の意見や提案をどんどん受け入れてくれる社風に惹かれていき、いつのまにかこの会社の海外で働きたいと思い入社しました。

手厚いサポートのなかで一歩ずつ初めは営業職を希望していましたが、まずは商品知識を身に付けられるという理由からカスタマーサポートで研修がスタートしました。お客様から難しい問い合わせも受けることもありますが、周りの先輩達が丁寧にサポートしてくれます。1人でもお客様対応を完了させる件数が日々増えてきて、自分の成長を感じています。

海外の感覚を取り入れて視野を広げたい
海外の感覚を取り入れて視野を広げたい学生時代に中国へ留学した際、日本の固定概念に縛られない意見を取り入れたほうが、スムーズに問題が解決できることが多かったです。今後は海外の感覚をインプットしながらアウトプットもしていき、将来は海外のリーダーとしてチームを引っ張っていきたいです。

経営企画Corporate Department Finance

アートArturo
〈中途入社〉

インタビュー動画を見る

経営企画 アート
本当に自分のやるべきことを見つめる

本当に自分のやるべきことを見つめる
会社が自己学習のプラットフォームを提供しています。このプラットフォームでは、GMOグローバルサインのビジネスを更に学ぶことができます。ビジネススキル向上の様々なメニューもあるので、何を選び専門性を高めるかをきちんと考える必要があります。

文化の違いに順応し文化を学ぶこと
文化の違いに順応し文化を学ぶこと私がGMOグローバルサインに入社したのは2013年の1月です。最初はフィリピンのGMOグローバルサインで1年働きました。その後に、日本本社へ異動となり今は、経営企画部で働いています。

日本での働き方は全くフィリピンとは異なります。仕事の文化の違いはいくつかあると思います。私にとって日本で働く上で重要なことは、何が根本的なことかを知ること、自分が何をしているかを理解していることです。仕事がグローバルなポジションであれば、日本人でも外国人でもとても良いチャンスです。

法人営業Sales

河田Kawada
〈中途入社〉

インタビュー動画を見る

法人営業 河田
自分が成長することで会社が成長する

自分の分析が新規営業のカギ
自分の分析が新規営業のカギ新規を取る力を身に付けられたことが入社してから1番成長できた点だと思います。自分で新規開拓のお客様の業界を選んで、自分で電話アポを取って、自分で訪問して売上に繋げる。電話アポのコールスクリプトであったり、訪問資料のブラッシュアップ、プレゼンの方法を日々工夫しています。

文化の違いに順応し文化を学ぶこと
チーム力で生産性を上げる自分だけではクローズできない案件の場合には、チームマネージャーが同行してサポートをしてくれます。それによって、問題が解決されたり受注に繋がったりします。自分に足りない点についてはアドバイスをもらい、状況に応じては代わりに対応してくれたりもします。

開発エンジニアDevelopment Engineer

ネイサンNathan
〈中途入社〉

インタビュー動画を見る

開発エンジニア ネイサン
プロフェッショナルなメンバー達と、価値のあるチャンスに巡り合える

プロフェッショナルなメンバーとして、価値のあるチャンス
デジタル証明書の業界は変化があり興味がありました。それにGMOグローバルサインの職場環境は私が求めるものに合っている感じました。ワークワイフバランスは良いですし、福利厚生も良いです。本当に働きやすいです。今までの日本の仕事のなかで一番です。

様々な国籍、言語が混ざった職場環境沢山の外国人がいるので、私の部署では英語がメインの言語となっています。もちろん、日本人も沢山いるので外国人にとっては、日本語を練習し学べる機会も沢山あります。仕事では英語、雑談では日本語を練習するようにしています。

様々な国籍、言語が混ざった職場環境
自分の仕事が、自分以外の誰かに利用されてその人の生活をより良くすることに役立っていたら、とても嬉しく思います。

アジア営業管理部マネージャーAPAC Fulfillment Manager

中島Nakashima
〈中途入社〉

インタビュー動画を見る

close
アジア営業管理部マネージャー 中島
英語が苦手な私でもグローバルポジションで仕事ができる

英語が苦手な私でもグローバルポジションで仕事できる
言語や文化も違うので、海外メンバーと一緒に仕事する際には、思った通りにいかない時もあります。なかなか英語が話せないとグローバルポジションに就けないと思われがちですが、英語が苦手な私でも周りのサポートがあって今、業務が出来ているので楽しくて良い経験をさせてもらっていると感じています。

産休前の不安なことどんな手続きが必要で、今後の不安がもの凄く強かったです。産休中の必要な手続きは会社が全部してくれました。里帰り出産で検診も必要だったことから、通常の法定日数より長く休みをいただくことができました。
産休前は経理部で勤務していました。復帰後はその経験を生かした営業管理部というキャリアを与えてくれて、且つ通常の方より1時間短い働き方を選択させてもらいました。保育園の迎えにも行くことができます。

チームの信頼が私のやりがい
チームの信頼が私のやりがいマネージャーとして、チームをリードさせていただいていますが、「私のチームで良かった」とメンバーが言ってくれることが一番の私のやりがいです。私が子供の事情で早く帰ったり、急な休みとなった場合でも、快く受け入れてくれます。本当にチームのメンバーに感謝しています。

© 2007-2017 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.