1. GMOグローバルサイン
  2. 会社案内
  3. 沿革・実績
会社案内

沿革・実績

グローバルサインのこれまでの歩み

2003年4月 日本ジオトラスト株式会社設立
2003年5月 「クイックSSLプレミアム」「トゥルービジネスID」サービス提供開始
2004年6月 SSL国内発行シェア10%突破
2005年9月 アジアでのサービス提供開始
2005年10月 SSL国内発行シェア20%突破
2005年12月 本社を「渋谷インフォスタワー」に移転
2006年8月 英国Certification Services Ltd.(CSL)を子会社化
2006年10月 ベルギー国GlobalSign NVを(CSLを通じ)子会社化
2007年5月 社名を「グローバルサイン株式会社」に変更
2007年7月 米国法人を設立
2008年2月 中国法人を設立
2008年12月 社名を「GMOグローバルサイン株式会社」に変更
2009年3月 アジアでの直販を開始
2010年2月 シンガポール法人を設立
2010年5月 海外子会社の社名をGMO GlobalSign Ltd. およびGMO GlobalSign, Inc.へ変更
2012年1月 本社を「セルリアンタワー」に移転
2012年5月 インド法人を設立
2012年5月 SSLルート認証局別国内シェアNo.1を獲得
2013年2月 ロシア法人を設立
2013年3月 候補者・議員・首長・政党認証サービス開始
2014年9月 IAMソフトウェア会社Ubisecure(ユビセキュア)社をグループ会社化
2015年1月 SSL純増数No.1を獲得
2015年3月 一般ユーザーの利便性を向上するシングルサインオン(SSO)サービス販売開始
2016年1月 2年連続でSSL純増数No.1を獲得を獲得
2016年2月 SSL日本国内シェアNo.1を獲得
2016年3月 「IoTプログラム」提供開始
2016年5月 公的個人認証サービスにおける総務大臣認定を取得
2016年11月 「マイナンバー制度対応 GMOオンライン本人確認サービス」提供開始
2016年12月 「IDアクセス管理クラウド SKUID byGMO」提供開始
2017年1月 UAE法人をドバイに設立
2017年4月 「マネージドPKI for IoT」提供開始
2017年8月 SSLロシア国内シェアNo.1を獲得

グローバルサインの実績

  • 320万枚以上のSSLサーバ証明書発行実績
  • 2,500万枚以上の電子証明書発行実績(個人向けデジタルID、ウェブサイト、ICカード向けなどを全て含む)
  • 1,400社以上のクライアント証明書導入実績
  • ベルギー国の電子政府計画の一環として12歳以上のベルギー全国民に配布される電子IDの発行認証局としてグローバルサインルートが唯一のサイニングルートとして選ばれています。
    (電子IDは2005年より本格運用が開始されました。現在ではベルギーの全国民に配布され、ベルギー国外に居住の国民にも各種申請に利用されております。)

導入実績一覧

企業・事業所

企業・事業所(金融)

  • 121証券株式会社
  • BANK OF CHINA(中国)
  • The City Bank of Bangladesh(バングラデシュ)
  • 株式会社クレディセゾン
  • THE BANK OF KOREA(韓国)

官公庁・自治体・公益法人等

  • 一般財団法人日本気象協会
  • 高知県教育委員会
  • 日本公認会計士協会
  • 山口県教育委員会

教育機関

  • 金沢大学
  • 京都工芸繊維大学
  • 駒澤大学
  • 電気通信大学
  • 南山大学
  • 関西大学
  • 群馬大学
  • 埼玉大学
  • 東京電機大学
  • 明治薬科大学
ページのトップへ戻る