[インストール] AWS Certificate Manager(ACM)(新規・更新)

最終更新:2024年02月16日

AWS Certificate Manager(ACM)では、仕様上CSRを生成する機能がないため、異なる環境から証明書、および秘密鍵をインポートする必要があります。こちらでは、一例としてOpenSSLを利用した際のインポート手順をご紹介いたします。

※弊社では以下の手順にて動作検証をおこなった際の一例をご紹介しており、動作を保証するものではございません。本手順について内容の変更等や誤りがあった場合、弊社では一切の責任を負いかねることを予めご了承ください。詳細は各アプリケーションのドキュメント等をご参照ください。最新の手順につきましては下記ページをご参照ください。
証明書をインポートする

  1. 任意の環境で秘密鍵、CSRを生成し、そちらのCSRを元に証明書をご申請ください。  秘密鍵、CSRの生成方法については、下記サポートページからご確認ください。
    [CSR生成] Apache 2.x + mod_ssl + OpenSSL(新規・更新)

  2. 証明書の取得後、AWS Certificate Manager管理画面に進み「証明書をインポート」をクリックします。

  3. 各情報の貼り付け箇所にそれぞれの文字列を入力し、「次へ」をクリックします。

    それぞれの情報については下記が該当します。

    証明書本文

    契約者、技術担当者宛に送信しております「サーバ証明書発行のお知らせ」メール本文から「◆証明書」のデータが該当します。

    -----BEGIN CERTIFICATE----- から -----END CERTIFICATE-----まで

    証明書のプライベートキー

    任意の環境で作成された秘密鍵が該当します。

    -----BEGIN RSA PRIVATE KEY-----から-----END RSA PRIVATE KEY-----まで

    ※パスフレーズがかかっている場合は下記コマンドにて解除ください。

    秘密鍵のパスフレーズを解除

    # cp /[FilePath]/[KeyFile] /[FilePath]/[KeyFile].org (元ファイルのバックアップ)
    # openssl rsa -in /[FilePath]/[KeyFile] -out /[FilePath]/[KeyFile]

    証明書チェーン - オプション

    契約者、技術担当者宛に送信しております「サーバ証明書発行のお知らせ」メール本文から「◆中間CA証明書」のデータが該当します。

    -----BEGIN CERTIFICATE----- から -----END CERTIFICATE----- まで
  4. 内容を確認のうえ問題がなければ「次へ」ボタンで進めていただき、「インポート」ボタンで完了します。

お気軽にお問い合わせください

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  5. その他のお問い合わせ(5を押した上で、以下の番号をお選びください。)
    1. パートナー契約に関するお問い合わせ
    2. 採用に関するお問い合わせ
    3. 総務へのご連絡