サポート

[コードサイニング] Windowsカーネルモード対応署名について

  1. GMOグローバルサイン サポート
  2. コードサイニング証明書設定
  3. [コードサイニング] Windowsカーネルモード対応署名について
最終更新:2021/05/21 13:06:39

マイクロソフト社発行のカーネルモード署名用クロスルート証明書の有効期間満了について

これまでカーネルモード署名時に必要だったマイクロソフト社発行のクロスルート証明書ですが、2021年4月15日をもって有効期間が満了となりました。今後マイクロソフト社からの更新も行われません。

引き続き2021年4月15日以降もカーネルモード署名をご利用いただく場合は、お手数ですがWindowsデベロッパーセンターにてユーザ登録のうえ、マイクロソフト社への依頼を行ってください。
※Windowsデベロッパーセンターのユーザ登録には、EVコードサイニング証明書が必要となります。

Microsoft Windows10でのカーネルモードドライバ署名方法に関しましては、「Microsoft Windows10ドライバポリシーとは」をご参照ください。

サポートサイト内検索

お気軽にお問い合わせください

03-6370-6500

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  5. その他のお問い合わせ(5を押した上で、以下の番号をお選びください。)
    1. パートナー契約に関するお問い合わせ
    2. 採用に関するお問い合わせ
    3. 総務へのご連絡
ページのトップへ戻る