サポート

CSRについて教えてください。

CSRとは、サーバ証明書を発行するための署名要求(Certificate Signing Request)です。
グローバルサインでは、提出されたCSRに認証機関としての署名をして、サーバ証明書を発行します。

サーバ証明書を申請するためには、お使いのウェブサーバでキーペア(公開鍵・秘密鍵)を作成していただく必要があります。CSRには公開鍵の情報の他、作成時に指定されたディスティングイッシュネーム(組織名や組織の所在地などの情報)が含まれます。「スキップ申込サービス」では、CSRをいただかずに証明書を発行可能です。ご利用可能な環境等、詳しくはこちらをご確認ください。

ご注意

  • CSRには「公開鍵」の情報が含まれます。この公開鍵が、発行済みの別の証明書で使用されている場合、このCSRではお申し込みいただけません。
    同じ秘密鍵からは、同じ「公開鍵」を含むCSRが作られます。1度使用した秘密鍵はご利用にならず、別途新しい秘密鍵を作成してCSRを生成いただくようお願いいたします。
    ※証明書の更新で、ディスティングイッシュネームが完全一致する場合(クイック認証の場合は、CommonName、Countryが一致している場合)は同じCSRでのお申し込み可能ですが、セキュリティの理由から、秘密鍵は毎回作成いただくことをお勧めいたします。
  • 別の秘密キーから全く同じディスティングイッシュネームの情報でCSRを作成しても、ペアとなるキーにはならないため、代替できません。
  • 同じ情報で同じ手順でCSRを作成しても、二度と同一のCSRを作成することはできません。
  • 2010年11月29日よりCSRに含まれる公開鍵の鍵長が、2048bit未満では申し込みができないようになります。※詳細はCSRの生成方法をご覧ください。 
  • CSRはお客様自身の情報を入力し、生成していただく必要があります。 
    半角英数文字と半角スペース、および 半角記号 !#%&'()*+,-./:;=?@[]^_`{|}~が利用可能です。
    (コモンネームのみ半角英数文字および ハイフン[-]、ドット[.]が利用可能)
  • CSRを作成してサーバ証明書を申請する前に、キーペアを別のメディア(FD・CD-Rなど)に保存し、安全な場所に保管することをお勧めします。
  • 秘密キーが流出するとSSLのセキュリティが保てなくなります。鍵のかかる金庫等の安全な場所に保管してください。

サポートサイト内検索

03-6370-6500 お気軽にお問い合わせください

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. その他のお問い合わせ(4を押した上で、以下の番号をお選びください。)
  5. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  6. パートナー契約に関するお問い合わせ
  7. 総務へのご連絡

お問い合わせはこちら

SSLはグローバルサイン - © 2007-2016 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.