サポート

CRL/OCSPのキャッシュの消去方法

  1. GMOグローバルサイン
  2. サポート・お申し込みガイド
  3. 各種FAQ
  4. CRL/OCSPのキャッシュの消去方法
最終更新:2020/02/27 16:11:29

本ページにて、Windows端末でのCRL/OCSPのキャッシュの消去方法を紹介します。

Windowsは、証明書のチェーンを素早く検証するために証明書失効リスト(CRL)とOCSPのレスポンスをデフォルトでキャッシュしています。

この挙動のデメリットは、ローカルにキャッシュしたCRL/OCSPのキャッシュ有効期限が切れるまでクライアントが新しいCRL/OCSPを取得しないということです。
しかしながら、WindowsのシステムからCRL/OCSPのキャッシュを手動で消去する事も可能です。

コマンドプロンプトを起動するため、「スタートメニュー」で「cmd」と入力し、「Enterキー」を押します。

下記のコマンドを入力し、Enterキーを押して実行してください。

certutil -urlcache * delete

サポートサイト内検索

お気軽にお問い合わせください

03-6370-6500

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  5. その他のお問い合わせ(5を押した上で、以下の番号をお選びください。)
    1. パートナー契約に関するお問い合わせ
    2. 採用に関するお問い合わせ
    3. 総務へのご連絡
ページのトップへ戻る