サポート

ルート証明書(R3/RSA) 対応環境について

  1. GMOグローバルサイン
  2. サポート・お申し込みガイド
  3. 各種FAQ
  4. ルート証明書(R3/RSA) 対応環境について
最終更新:2019/07/12 18:33:01

こちらのページでは、R3ルートの証明書から発行された、グローバルサインのSSLサーバ証明書(SHA-256)が対応している、各環境をご紹介します。

※R3ルート証明書の搭載状況や、SHA-2対応の有無の観点からまとめた情報となります。
※2014年12月時点調べ。各開発元の資料に基づいて作成しております。
※アプリケーション提供元にてサポートが終了している場合、正常に動作しない可能性があります。

ルート証明書(R3/RSA)が搭載されているOS

  • Microsoft Windows XP SP3 以降
  • Microsoft Windows Server 2008 以降
  • Microsoft Windows Phone 7 以降
  • Apple Mac OS X 10.6.4 以降
  • Apple iOS 4.0 以降
  • Google Android 2.3 以降

※Windows Vista 以降、および、Windows Server 2008以降では、マイクロソフト社のサイトよりルート証明書を取得するため、インターネットへの接続が必要になります。

ルート証明書(R3/RSA)が搭載されているウェブブラウザ

  • Microsoft Internet Explorer 7 以降
  • Google Chrome 1.0 以降
  • Mozilla Firefox 3.6.12 以降
  • Opera Software Opera 9.5 以降
  • Apple Safari 3.2 以降
  • Microsoft Edge

※Windows Vista 以降、および、Windows Server 2008以降では、マイクロソフト社のサイトよりルート証明書を取得するため、インターネットへの接続が必要になります。

SHA256の対応環境

対応OS

OS 最低限必要なバージョン
Microsoft Windows Windows XP SP3
Microsoft Windows Server Windows Server 2003 (SP2 + Hotfix KB2868626) 以降
Microsoft Windows Phone Windows Phone 7
Apple Mac OS X OS X 10.5
Apple iOS iOS 3.0 以降
Google Android 2.3

対応ブラウザ

ブラウザ 最低限必要なバージョン
Microsoft Internet Explorer  6 ※(Windows XP SP3)以降
Google Chrome 1.0
Mozilla Firefox  1.0
Opera 9.5
Apple Safari 3 ※(Mac OS X 10.5)以降
Microsoft Edge  

対応ライブラリ

ライブラリ 最低限必要なバージョン
OpenSSL 0.9.8o ※
GnuTLS   1.7.4
Oracle Java 1.7.0、1.6.0_17、1.5.0_22 、1.4.2_19
Mozilla NSS  3.11.10 
Microsoft .NET Microsoft .NET 3.5 SP1

※ハッシュアルゴリズムのSHA256は、OpenSSL 0.9.8より搭載されておりますが、標準で有効になったのは0.9.8oからです。

対応サーバ

サーバ 最低限必要なバージョン
Apache HTTPサーバ OpenSSLが対応していれば利用可能
NGINX OpenSSLが対応していれば利用可能
Apache Tomcat  Javaが対応していれば利用可能
Microsoft IIS  Windows Serverが対応していれば利用可能
Microsoft Exchange Server  Windows Serverが対応していれば利用可能
Oracle Weblogic   10.3.3
IBM HTTP Server  GSKit 7.0.4.14 
IBM Domino Server  9.x (Fix Pack) 以降

アプライアンス対応状況

アプライアンス名 詳細
Fortinet社
Equalizer シリーズ
株式会社ネットワールドにて動作検証済み現在は「FortiADC」という「Fortinet社」の製品として移行しております。詳細についてはこちらをご確認ください。
PIOLINK社 PAS-Kシリーズ 開発元にて動作検証済み
ラドウェア社
AppDirector/AppXcel/Alteon
開発元にて動作検証済み Radware社の各製品の詳細についてはこちらをご確認ください。

クラウド対応状況

クラウド名 詳細
Amazon Elastic Compute Cloud(EC2) OSをルート権限で操作できるので、サーバ証明書を設定するサーバアプリケーションがインストールされていればご利用いただけます。
Amazon Elastic Load Balancing(ELB) 動作確認が取れております。利用には秘密鍵のパスフレーズ解除が必要になります。
Amazon CloudFront 動作確認が取れております。利用には秘密鍵のパスフレーズ解除が必要になります。
rackspace cloudservers 弊社で直接の確認は取れておりませんが、OSをルート権限で操作できるので、サーバ証明書を設定するサーバアプリケーションがインストールされていればご利用いただけます。 詳細につきましては下記をご参照ください。
Apacheをご利用の場合
IISをご利用の場合
TrueCLOUD byGMO 弊社で直接の確認は取れておりませんが、OSをルート権限で操作できるので、サーバ証明書を設定するサーバアプリケーションがインストールされていればご利用いただけます。 詳細につきましてはこちらをご参照ください。
NIFTY Cloud 弊社で直接の確認は取れておりませんが、OSをルート権限で操作できるので、サーバ証明書を設定するサーバアプリケーションがインストールされていればご利用いただけます。
ホワイトクラウド シェアードHaaS 弊社で直接の確認は取れておりませんが、OSをルート権限で操作できるので、サーバ証明書を設定するサーバアプリケーションがインストールされていればご利用いただけます。

スマートフォン

「NTT DoCoMo」「au by KDDI」「SoftBank Mobile」のiOS 4以降・Android 2.3以降のスマートフォンに対応しております。

対応端末(クイック認証SSL・企業認証SSL・EV SSL共通)

※AndroidでSSLを利用したページにアクセスすると警告が表示されることがあります。詳細はこちらをご確認ください。

携帯電話(フィーチャーフォン)

「NTT DoCoMo」「au by KDDI」「SoftBank Mobile」の2010年夏モデル以降より順次対応しております。キャリア・機種により異なりますので、詳細は下記のページをご確認いただくか、各キャリア・各メーカーにお問い合わせください。

※携帯電話(フィーチャーフォン)からは、以下にアクセスすることができません。
・ワイルドカードオプションをご利用のサイト
・2wayで追加されるwwwが付かないURLのサイト
・マルチドメインオプションで追加されるURLのサイト

サポートサイト内検索

お気軽にお問い合わせください

03-6370-6500

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  5. その他のお問い合わせ(5を押した上で、以下の番号をお選びください。)
    1. パートナー契約に関するお問い合わせ
    2. 採用に関するお問い合わせ
    3. 総務へのご連絡
ページのトップへ戻る