サポート

申し込みの際、CSRを入力してからエラーが表示されます。

CSRの内容を確認することができない場合、エラーが表示されます。CSRについて以下の原因が考えられますのでご確認ください。

CSR生成時に入力したコモンネーム等に間違いがある。

対応方法

  1. コモンネームに含まれるドメイン名を確認してください。
    例)
    コモンネーム=www.globalsign.com
    ドメイン名=globalsign.com
    誤ったドメイン名で生成されている場合、正しいドメイン名を含むコモンネームでCSRを再生成し、お申し込みください。
  2. 使用禁止文字が含まれていないかご確認ください。
    記号は、!#%&'()*+,-./:;=?@[]^_`{|}~が利用可能です。日本語(2バイト文字)はご利用いただけません。
  3. O、OUなどの項目が未入力となっていないか確認してください。
    OUの指定がない場合は、半角で - (ハイフン)を入力してください。 GSパネルのアカウントをお持ちの場合、CSR解析ツールディスティングイッシュネームの解析が行えます。

CSRの公開鍵はすでに別の証明書で使用されています

対応方法

CSRには「公開鍵」の情報が含まれます。この公開鍵が、発行済みの別の証明書で使用されている場合このCSRではお申し込みいただけません。

同じ秘密鍵からは、同じ「公開鍵」を含むCSRが作られます。1度使用した秘密鍵はご利用にならず、別途新しい秘密鍵を作成してCSRを生成いただくようお願いいたします。 発行済みの証明書とは、「失効済み」「期限切れ」を除いた有効な証明書を指します。「キャンセル」のみのお手続きでは失効されませんので詳しくはこちらをご覧ください。

ドメイン名の登録が完了していない

対応方法

CSRのコモンネームに含まれるドメイン名が登録済みであることをドメイン登録業者様に確認してください。ドメイン名の登録が完了していない場合、ドメイン登録完了後に、 再度お申し込みください。

CSR以外のものを貼り付けている(秘密鍵・証明書など)

対応方法

CSRは、「-----BEGIN CERTIFICATE REQUEST-----」で始まり、
「-----END CERTIFICATE REQUEST-----」で終わる「REQUEST」が 含まれる暗号文字列です。

オプションの選択を間違えている

対応方法

ワイルドカードの場合は「 *. 」が、グローバルIPの場合は「111.222.●●●.■■■」等の数字がコモンネームに含まれます。

CSR(証明書署名要求)の公開鍵の鍵長がRSA2,048bit未満です

対応方法

CSRの鍵長が不足しております。2048bit以上での生成が必要です。

上位のいずれにも該当しません場合は、お手数ですがお問い合わせフォームより、CSRデータをお送りください。弊社にて解析させていただきます。

サポートサイト内検索

03-6370-6500 お気軽にお問い合わせください

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. その他のお問い合わせ(4を押した上で、以下の番号をお選びください。)
  5. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  6. パートナー契約に関するお問い合わせ
  7. 総務へのご連絡

お問い合わせはこちら

SSLはグローバルサイン - © 2007-2016 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.