サポート

[マネージドPKI] Active DirectoryへのLdifファイルの取り込み

GSパネルにログインし、マネージドPKIタブを開きます。発行済み証明書一覧を表示して証明書のLdifファイルを取得します。

Ldifファイルのエクスポート方法

Windowsサーバのコマンドプロンプトより以下コマンドでLdifファイルをインポートすることが可能です。
ldifde -i -f ldif.txt

以下、正しく処理された様子

ldif_import_01.jpg

その後ActiveDirectory ユーザとコンピュータの画面にて該当ユーザーの公開された証明書のタブに正しく証明書が登録されているか確認します。

ldif_import_02.jpg

ActiveDirectryにおけるLdifファイルの注意点

各証明書エントリの区切りとしてハイフン「-」を入れる必要があります。(デフォルトテンプレートでは挿入すみです)

参考情報LDIFDE を使用したディレクトリ オブジェクトの Active Directory へのインポート/エクスポート

サポートサイト内検索

03-6370-6500 お気軽にお問い合わせください

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. その他のお問い合わせ(4を押した上で、以下の番号をお選びください。)
  5. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  6. パートナー契約に関するお問い合わせ
  7. 総務へのご連絡

お問い合わせはこちら

SSLはグローバルサイン - © 2007-2016 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.