サポート

[ユーザ権限]SSLサーバ証明書

  1. GMOグローバルサイン サポート
  2. お客様情報管理
  3. [ユーザ権限]SSLサーバ証明書
最終更新:2022/11/25 10:24:40

SSLサーバ証明書の場合、GSパネルの「サーバ証明書(EDI・ヤフー提携証明書を含む)」と「SSLマネージドサービス」、どちらでサーバ証明書を管理されているかによって、ユーザ権限による可能な操作が異なります。

サーバ証明書(EDI・ヤフー提携証明書を含む)でのユーザ権限について

各ユーザ権限で可能な操作については以下の通りです。

権限管理者マネージャー担当者
証明書の申請※1※1
証明書の再発行・キャンセル・失効※1自身で申請した証明書のみ可能※1
証明書一覧の閲覧

※1 ユーザの権限が「証明書お申し込み確認権限」が「false」の場合、管理者を含む「証明書お申し込み確認権限」を持つ別のユーザでの承認後、証明書の発行を進めることが可能です。

SSLマネージドサービスでのユーザ権限について

各ユーザ権限で可能な操作については以下の通りです。

 管理者マネージャー担当者
証明書の申請・再発行・キャンセル・失効権限に応じて可能※1
証明書一覧の閲覧権限に応じて可能※1
ドメインの登録・承認・削除登録と承認のみ可能
プロファイルの修正×

※1 下記SSLマネージドサービスでの担当者ユーザへの権限の割り当ての手順で「証明書申請」の権限が必要です。また、「承認権限」が付与されていないユーザの申請の場合、管理者やマネージャーも含む「承認権限」を持つ別のユーザでの承認後、証明書が発行されます。
なお、失効申請を可能にする場合は、「証明書申請」に加えて「証明書失効」の権限が必要です。

SSLマネージドサービスでの担当者ユーザへの権限の割り当て

管理者またはマネージャー権限のユーザは、同一アカウント内に登録された担当者権限のユーザに「証明書申請」「失効権限」「承認権限」権限を付与することができます。

no01.gif 「SSLマネージドサービス」のタブから、「ドメインの検索とリポートのエクスポート」をクリックし、審査中・審査済みドメインの一覧を表示します。

no02.gif 該当のドメインの「権限」アイコンをクリックします。

no03.gif 「担当者」として登録されているユーザが表示されます。
各ユーザに付与する権限にチェックを入れて「確認」をクリックします。次ページで「登録」をクリックし、ユーザ権限の設定を完了してください。
※「管理者」または「マネージャ」として登録されているユーザは表示されません。

サポートサイト内検索

お気軽にお問い合わせください

03-6370-6500

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  5. その他のお問い合わせ(5を押した上で、以下の番号をお選びください。)
    1. パートナー契約に関するお問い合わせ
    2. 採用に関するお問い合わせ
    3. 総務へのご連絡
ページのトップへ戻る