OIDについて

最終更新:2024年02月08日

マネージドPKI Lite byGMOに関しまして、CA/Browserフォーラムによる新たな基準「S/MIME Baseline Requirement(以下、S/MIME BRと表記)」が制定されました。 当該基準に準拠するため、マネージドPKI Lite byGMOのプロファイルの項目に新たに【OID】(OrganizationIdentifier)という項目が追加されます。
※本項目は、2023年8月28日以降に利用可能となる新中間CA証明書(S/MIME BR対応用)を使用する場合、必須項目となりますので、ご登録をいただくことを推奨いたします。詳細についてはこちら

本ページでは【OID】について説明します。

OIDとは

プロファイル申請組織を識別するための情報です。OIDの分類には、VAT、GOV、NTRの3種類があります。

OID分類対応方法
VAT国税庁法人番号をご確認の上、入力してください。
https://www.houjin-bangou.nta.go.jp/
例:
GOV国税庁法人番号がない公共団体(法人格を持たない地方公共団体など)は、GOVを選択してください。
【重要】
国税庁法人番号が付番されている公共団体はGOVの選択はできません。必ずVATを選択し、国税庁法人番号を入力してください。
NTR登記簿上の会社法人番号が該当します。
※ハイフンは入力できないため、数字のみ入力してください。
※2023年6月5日まではNTRのみ、OIDとして入力が可能です。2023年6月5日以降はNTRは申請画面上は非表示となり、VATとGOVのみ、OIDとして登録が可能となります。
 

お気軽にお問い合わせください

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  5. その他のお問い合わせ(5を押した上で、以下の番号をお選びください。)
    1. パートナー契約に関するお問い合わせ
    2. 採用に関するお問い合わせ
    3. 総務へのご連絡