サポート

全ページをSSLにする方法(Microsoft Internet Information Services 7.0以降)

全てのページを「https://」で呼び出すよう調整することで、全ページをSSL暗号化通信で保護するようになります。
その調整方法として、本マニュアルではHTTP301リダイレクトを紹介します。

※本手順は一例であり動作を保証するものではございません。 あくまでも参考情報としてご参照いただき、詳細はMicrosoft社のドキュメント等をご参照ください。

証明書が有効期限切れになった状態でhttps接続をすると、ブラウザが警告を表示するようになり、サイト閲覧者に不信感を与えてしまいます。
警告を回避するためには、新たに証明書を発行してインストールする必要があります。

以下の手順で設定します。

インターネットインフォメーション サービス (IIS) マネージャを起動します。

「Web Platform Installer」をクリックします。
※コンソール上に「Web Platform Installer」が存在しない場合は、下記Microsoft社ページよりダウンロードしてください。
Web Platform Installer

検索欄に"URL"と入力し、「URL rewite 2.0 」を検索します。
「追加」をクリックし、「インストール」をクリックします。

「同意する」をクリックします。

「完了」をクリックします。

一度IISマネージャーを終了し、再度起動すると「URL書き換え」が表示されます。
「URL書き換え」をクリックします。

「規則の追加」をクリックします。

「空の規則」を選択し、「OK」をクリックします。

「受信規則の編集」画面が表示されます。
各項目を以下のように設定します。

名前:任意の名前を入力します。
要求されたURL:パターンに一致する
使用:正規表現
パターン:(.*)

「条件」を開き、「追加」をクリックします。

「条件の追加」画面が表示されます。
各項目を以下のように設定し、「OK」をクリックします。

条件の入力: {HTTPS}
入力文字列が次の条件を満たしているかどうかをチェック:パターンに一致する
パターン:^OFF$

「アクション」を開き、各項目を以下のように設定します。
設定後、「適用」をクリックします。

アクションの種類:リダイレクト
リダイレクトURL:https://{HTTP_HOST}/{R:1}
リダイレクトの種類:永続的(301)

以上で設定は完了です。
WEBサイトにアクセスし、リダイレクトが成功しているかご確認ください。

サポートサイト内検索

お気軽にお問い合わせください

03-6370-6500 お気軽にお問い合わせください

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  5. その他のお問い合わせ(5を押した上で、以下の番号をお選びください。)
    1. パートナー契約に関するお問い合わせ
    2. 採用に関するお問い合わせ
    3. 総務へのご連絡
ページのトップへ戻る