SSLサーバ証明書オンライン医療サービスへの不正アクセスを防止

SSL暗号化通信による医療情報の保護や、ドメイン認証・病院や薬局の実在性認証・EV認証による、真正プロバイダのサービス(サーバ)へのみアクセス(患者様・医療関係者の双方)を許可

SSL暗号化通信でオンライン診療における診療情報の保護

SSLサーバ証明書に含まれる2つの鍵(共通鍵暗号方式・公開鍵暗号方式)によって、オンライン診療サイト⇔患者様間で送受信される個人情報や決済情報などのデータの通信を暗号化することができます。 暗号化された通信は、SSLサーバ証明書を導入したサーバで保持する秘密鍵のみでしか解読することができず、悪意ある第三者からの盗聴を防ぎます。

サイト運営者の実在性確認

SSLサーバ証明書の発行にあたっては、グローバルサインなどの認証局が、対象のウェブサイトのドメイン(コモンネーム)の使用権の確認と、ウェブサイトの運営者(組織)の実在性の審査を行います。 「実在する運営者(組織)によって運営されている本物のウェブサイト」であることが認証局によって認証され、ユーザは自分がアクセスしたウェブサイトが、安心して利用できるウェブサイトであることが確認できます。

サービスに関するご質問・ご相談はこちら

03-6370-6500
(平日10時〜18時)

ページのトップへ戻る