SSLサーバ証明書サポート情報

導入にあたっての確認

  1. GMOグローバルサイン
  2. サポート・お申し込みガイド
  3. SSLサーバ証明書サポート情報
  4. SSLサーバ証明書サポート情報
ライセンスについて教えてください
証明書は1コモンネームにつき1枚必要です。
同じの証明書を複数台のサーバで利用する場合は、1ライセンスのご契約で問題ございません。
(サーバごとにライセンスを契約する必要はございません。)
証明書や鍵の移行方法に関しては下記をご参照ください。
サーバを変更しますが、何か手続きは必要ですか。

合計金額が18万円を超える場合、お得なまとめ買い割引がご利用いただけます。
詳細は「おトクな標準付属サービス」内『【最大25%】まとめ買い割引』をご参照ください。
1台のウェブサーバで複数のウェブサイトを立ち上げたい
1台のウェブサーバで複数のウェブサイトを立ち上げたい場合、弊社ではお客様の状況に応じたオプションをご用意しております。

マルチドメインオプション

複数のドメインを1台のウェブサーバで運用する場合、企業認証SSL・EV SSLのマルチドメインオプション(有償)をご利用いただきますと、1枚の証明書で複数の異なるドメインのサイトのSSL通信が可能となります。本オプションは、企業認証SSL・EV SSLにてご利用いただけます。
詳しくはこちらをご参照ください。

ワイルドカードオプション

ドメインが同一で、複数のサブドメインを1台のウェブサーバで運用する場合は、ワイルドカードオプション(有償)をご利用いただきますと、1枚の証明書で複数サブドメインのサイトのSSL通信が可能となります。こちらはクイック認証SSLと企業認証SSLでご利用いただけます。
詳しくはこちらをご参照ください。

上記オプションをご利用いただかずに、それぞれのウェブサイトに個別に証明書を設定いただく場合には、ウェブサイト毎にIPアドレスの設定が必要となります。
なお、バーチャルホスト毎に異なるグローバルIPアドレスを割り当てていない場合、通常は複数のSSLサーバ証明書を設定することができません。
複数のドメイン名を1つの証明書で登録できますか
企業認証SSLまたはEV SSLのマルチドメインオプションをご利用いただくことで、複数ドメイン名を1つの証明書で登録することが可能となります。
また、サブドメインが複数ある場合には、クイック認証SSLまたは企業認証SSLのワイルドカードオプションをご利用いただくことで、対応が可能です。
コモンネームのwww.を省略してアクセスできますか
コモンネームがwww.+ドメイン名(www.○○○.xx)の場合にのみ、標準で証明書のサブジェクトオルトネームに○○○.xxというドメイン名を登録いたします。これにより、 下記例のどちらのURLにもアクセスできるようになります。
例:コモンネームが www.globalsign.co.jpの場合
https://www.globalsign.co.jp/
https://globalsign.co.jp/
※ドメインのみでお申し込みの場合は対象外となります。
※携帯電話用のブラウザは、サブジェクトオルトネームに対応しておりません。
※www.以外を付加されている場合は対象外となります。(例: ssl.globalsign.com 等)
※2007年10月1日以降発行のグローバルサインの証明書が対象となります。
関連する情報充実の標準付属機能・サービス(2way)
xxxx.jpとwww.xxxx.jpの両方を運用することは可能ですか
コモンネームが、www.+ドメイン名(www.○○○.XX)の場合のみ、標準で証明書のサブジェクトオルトネームに○○○.XXというドメイン名を登録し、下記のどちらのURLでアクセスをしても、SSLの証明書を利用することができます。
例:
https://www.globalsign.co.jp/
https://globalsign.co.jp
※www.以外を付加されている場合は対象外となりますのでご注意ください。
対象外の例: ssl.globalsign.com 等
※2007年10月1日以降発行のグローバルサインの証明書が対象となっております。
※携帯電話からは、コモンネームに指定したURLへのみアクセスが可能です。
ワイルドカード証明書の運用について
メールサーバや、FTPサーバ、Webサーバが同一ドメインの場合、ワイルドカード証明書をご利用いただくことで、1枚の証明書で運用することが可能です。
例:
ワイルドカード証明書のコモンネーム: *.globalsign.com
受信メールサーバ: pop.globalsign.com
送信メールサーバ: smtp.globalsign.com
FTPサーバ: ftp.globalsign.com
ウェブサーバ: www.globalsign.com
ウェブサーバ2: shop.globalsign.com
ワイルドカード証明書は、クイック認証、企業認証SSLのいずれにも組み合わせてご利用いただけます。
※携帯電話のブラウザでは警告がでる場合がございます。モバイルサイトで利用の際はご注意ください。
マルチドメインオプションに関するよくある質問
マルチドメインオプションに関するよくある質問をまとめました。
詳細はこちら
Proxyサーバで使用できますか
Proxyサーバでの動作につきましては、検証・実績はありませんが、x.509サーバ証明書に対応したCSRを生成する機能が装備されていればインストールが可能かと思われます。

インターネット側よりアクセスされるURLをコモンネームとして、CSRを生成してください。

自社サーバにインストールすることはできますか
ウェブサーバにSSLの機能があれば問題ありません。一般的なウェブサーバ(IIS、Apache)にはSSLの機能が実装されています。ウェブサーバの機能でCSRを作成いただき、申請後発行された証明書をインストールする形になります。
ご不明な点がございましたらお問い合わせください。
レンタルサーバ(ホスティング)で利用することは可能ですか
レンタルサーバ(ホスティング)でご利用いただくためには、ホスティングサービスが独自ドメイン名でのSSLに対応している必要があります。具体的には、 共用サーバサービスであれば専用のIPアドレスが割当てられたもの、専用サーバサービスであれば、ほとんどのものがご利用可能です。詳しくは、ホスティングサービス業者様へお問い合わせください。
サーバをお探しの方は、レンタルサーバとのセットプランをご参考ください。
クイック認証SSLの承認メールアドレスを任意のものに変更したい
クイック認証SSLの承認用メールアドレスは、審査基準として以下が定められており、他のメールアドレスはご利用いただけません。
詳細はこちら
注文フォームだけをSSLで暗号化することはできますか
注文フォームのみSSLでセキュアにしたいということであれば、フォームに繋がるリンクの指定を https://で指定し、フォームが終了した先のリンクを http://に戻るように指定すればよろしいかと思います。
現在のフォームを変更する必要はございませんが、URLの指定によってはアンカー部分のHTMLを手直しする必要があるかもしれません。
証明書のサブジェクトが、CSRと異なります
「クイック認証SSL」では、ドメインの認証のみを行うため、CSRの内容と、発行される証明書のサブジェクト(ディスティングイッシュネーム)は一致しません。
企業名や所在地にかかわる部分は、証明書発行時に削除、または上書きされますので、すべての値を反映させたい場合は、「企業認証SSL」のご利用をご検討ください。
OCNのホスティングサービスを利用中ですが
OCNホスティングサービスをご利用の場合、こちらの専用ページをご覧ください。
ホスティングサービスに付随する部分については、弊社ではご案内いたしかねますため、OCN様のサポートにご確認くださいますようお願いいたします。
日本語ドメイン名には対応していますか
日本語のドメイン名(IDN:Internationalized Domain Name)は、DNSで名前解決をするため、PUNYコードという文字列に変換・符号化されます。この「PUNYコード」で証明書を発行することによってSSLをご利用いただくことは可能ですが、サイトシールは日本語表記に対応しておりません。
お名前.com  →  xn--t8jx73hngb.com
サイトシールで表示されるコモンネームは、上記例の場合「xn--t8jx73hngb.com」となります。
また、ブラウザによっては、シール自体が表示されない場合もございます。ご了承ください。
グローバルサインでは、証明書の発行が早くなりますか
国内で証明書を発行できますので、以前より迅速、柔軟な対応が可能です。また、条件次第となりますが、後払いによる証明書発行も可能です。
証明書を取得することによって、サイトの運営についても保証されるのでしょうか
サイトの運営内容については保証されません。認証情報、証明される内容はサイトシールでご確認いただけますが、以下のとおりです。

認証情報

クイック認証SSL・コモンネーム
・ステータス
・有効期限
企業認証SSL・コモンネーム
・ステータス
・組織名
・住所
・有効期限
EV SSL・コモンネーム
・有効期限
・ステータス
・組織名
・事業所所在地
 国
 都道府県
 市区町村
 番地および丁目
 郵便番号
 電話番号
・法人設立管轄地
 国
 登録番号

証明される内容

クイック認証SSLウェブサーバとブラウザ間の通信が暗号化されていること
企業認証SSL / EV SSLウェブサーバとブラウザ間の通信が暗号化されていること
[企業名]が実在し、[コモンネーム]を使用したウェブサイトの運営者であること
※[ ]内は証明書の内容に置き換えてお読みください。
申請不可能なトップレベルドメインについて
2017年11月11日現在、証明書情報に下記のトップレベルドメインを含む場合、ご申請を受け付けることができません。
・北朝鮮(.kp)
・イラン(.ir)
・キューバ(.cu)
・シリア(.sy)
・スーダン(.sd)
・トーゴ(.tg)

サポートサイト内検索

お気軽にお問い合わせください

03-6370-6500

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  5. その他のお問い合わせ(5を押した上で、以下の番号をお選びください。)
    1. パートナー契約に関するお問い合わせ
    2. 採用に関するお問い合わせ
    3. 総務へのご連絡
ページのトップへ戻る