[EV SSL] クロスルートとは何ですか

クロスルート(クロスサート)とは、あるルート証明書から発行されたサーバ証明書を別のルート証明書が設定されているブラウザでも利用できるようにする仕組みです。

弊社のEV SSLは、ルート証明書「GlobalSign Root CA - R2」から発行されておりますが、古いバージョンのブラウザには、このルートが搭載がされていないため、ルート証明書「GlobalSign Root CA」 からもチェーンできるようにしております。

クロスルート(クロスサート)とは

弊社のEV SSLは、全ての階層を2048bitの鍵長で発行しております。2010年問題にも対応しておりますので安心してご利用ください。