サポート

[メールサーバ] Microsoft Exchange Server 2010

こちらのマニュアルは、Exchange Server 2010 SP1 を元に作成しております。

CSRの生成
Exchange Management Shell(Excange 管理シェル)を実行し、次のコマンドでCSRを生成します。

# $Data=New-ExchangeCertificate -GenerateRequest -SubjectName "c=JP,s=Tokyo,l=Shibuya-ku,o=GlobalSign K.K.,ou=Sales,cn=mail.globalsign.co.jp" -PrivateKeyExportable $true -KeySize 2048

# Set-Content -path “C:\filepath\filename.csr” -Value $Data

SubjectNameで証明書情報を指定します。
C=国/地域,S=都道府県,L=市区町村,O=組織,OU=組織単位,CN=一般名(コモンネーム)

CNは、半角英数文字 および ハイフン[-]、ドット[.]が利用可能です。 C、CN以外は、半角英数文字と半角スペース、および 半角記号 !#%&'()*+,-./:;=?@[]^_`{|}~がご利用可能です。

生成されたCSRをテキストエディタで開き、申し込みフォームのCSR欄に貼り付けます。

証明書のインポート
「証明書発行のお知らせ」メール本文から「◆証明書+中間CA証明書(PKCS7形式)」のデータ(-----BEGIN PKCS7-----から -----END PKCS7----- まで)をコピーしてサーバに保存します。

Exchange Management Shellを実行し、次のコマンドで証明書をインポートします。

# Import-ExchangeCertificate -FileData ([Byte[]]$(Get-Content -Path c:\filepath\filename.p7b -Encoding byte -ReadCount 0))

サービスの設定
次のコマンドで証明書をサービスに対して有効にします。 Thumbprint値は、証明書インポート時に表示されたものを入力します。 Services で指定可能なサービスは、IIS,IMAP,POP,SMTP,UM になります。

# Enable-ExchangeCertificate -Thumbprint [Thumbprint値] -Services SMTP,POP

確認メッセージが出たら「Y」で進めます。

設定の確認
次のコマンドで証明書の設定状況を確認できます。

# Get-ExchangeCertificate -DomainName [コモンネーム] |Format-List

サービスの再起動
設定を反映させるため、Exchangeのサービスを再起動します。

参考URLExchange 2010 セキュリティ コマンドレット

サポートサイト内検索

03-6370-6500 お気軽にお問い合わせください

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. その他のお問い合わせ(4を押した上で、以下の番号をお選びください。)
  5. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  6. パートナー契約に関するお問い合わせ
  7. 総務へのご連絡

お問い合わせはこちら

SSLはグローバルサイン - © 2007-2016 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.