サポート

旧ルート証明書の有効期限切れに伴う影響範囲について

弊社が提供するルート証明書の内、2014年1月28日21時に期限を迎えたものがございます。
弊社証明書をご利用中のサーバへアクセスする場合にクライアント環境によっては警告が出る場合がございます。下記内容をご確認くださいますようお願いいたします。

Windowsでアクセスする場合

Windows XP SP2以降であれば、インターネット経由でルート証明書が自動更新されるため、通常は支障ございませんが、それ以前のWindowsやインターネットに接続できない環境では、手動で更新プログラムをインストールする必要があります。
マイクロソフト社が提供する「ルート証明書の更新プログラム」を下記より取得いただき、インストールしてください。

ルート証明書の更新プログラム

携帯電話でアクセスする場合

以前対応していた機種でも非対応になったモデルがあります。現在の対応機種一覧は、下記よりご確認ください。
一覧に無い機種については、警告が出るため利用できません。

対応端末一覧:フィーチャーフォン(クイック認証SSL・企業認証SSL)
対応端末一覧:フィーチャーフォン(EV SSL)

※非対応になった携帯端末については、下記をご確認ください。
ご利用できなくなった携帯端末

その他の環境でアクセスする場合

上記以外の環境においてもルート証明書が更新されていない場合にアクセスができなくなります。
このような場合は、下記より2028年1月28日有効期限のルート証明書を取得いただきご利用ください。

なお、OSの提供元より更新プログラムがリリースされている場合は、そちらを適用ください。

現在、公式アップデートが確認できている環境 Red Hat Enterprise Linux 5 - openssl enhancement update
CentOS 5 - openssl Update

最新のルート証明書

  • CN = GlobalSign Root CA
  • OU = Root CA
  • O = GlobalSign nv-sa
  • C = BE
  • シリアル番号 = 04:00:00:00:00:01:15:4b:5a:c3:94
  • 有効期間 = 1998年9月1日 から 2028年1月28日 まで
  • 拇印 = b1:bc:96:8b:d4:f4:9d:62:2a:a8:9a:81:f2:15:01:52:a4:1d:82:9c

有効期限切れルート証明書詳細

  • シリアル番号 = 02:00:00:00:00:00:D6:78:B7:94:05
  • 有効期間 = Wen Sep 1,1998 to Tue Jan 28, 2014
  • 拇印 = 2f:17:3f:7d:e9:96:67:af:a5:7a:f8:0a:a2:d1:b1:2f:ac:83:03:38

サポートサイト内検索

03-6370-6500 お気軽にお問い合わせください

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. その他のお問い合わせ(4を押した上で、以下の番号をお選びください。)
  5. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  6. パートナー契約に関するお問い合わせ
  7. 総務へのご連絡

お問い合わせはこちら

SSLはグローバルサイン - © 2007-2016 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.