サポート

[マネージドPKI] クライアント証明書の更新について

更新方法について

クライアント証明書の更新方法は3種類あります。

  • 自動更新無し(デフォルト値)
    ユーザからの申請を管理者が承認する必要があります。
    承認後、証明書取得メールがユーザに送信されます。
  • 自動更新有り
    ユーザからの申請後、すぐに証明書取得メールがユーザに送信されます。
    (管理者による承認が不要となります。)
  • クイック
    更新案内メールが証明書取得メールになっています。
    更新案内メールからすぐに証明書が取得できます。
    (ユーザからの申請と管理者による承認が不要となります。)更新案内メールは有効期限30日前に1度だけ送信されます。

更新方法の設定について

GSパネルにログインし、マネージドPKIタブを開きます。

登録者情報の「プロファイル設定」をクリックします。

プロファイル選択後の画面の「自動更新」で、希望するものを選択し、登録を完了します。

更新のお手続きについて

クライアント証明書の更新期限が近くなると、更新の案内メールが送信されます。
メールには、更新対象の証明書を持っている場合と、証明書がない場合の更新用URLが記載されていますので、状況に応じてそれぞれの更新画面にアクセスします。

更新対象の証明書がある場合

更新用のURLに接続すると、クライアント認証が行われます。複数の証明書がある場合は、どの証明書を更新するか、選択いただきます。

その後の手順はこちらの手順2以降の流れとなります。[マネージドPKI] 証明書の取得方法

更新対象の証明書がない場合

更新用のURLに接続後、前回証明書を取得した際のパスワードを入力いただく必要があります。パスワードが不明な場合更新手続きは行えません。
新規にお申し込みを行っていただくようお願いいたします。

サポートサイト内検索

03-6370-6500 お気軽にお問い合わせください

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. その他のお問い合わせ(4を押した上で、以下の番号をお選びください。)
  5. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  6. パートナー契約に関するお問い合わせ
  7. 総務へのご連絡

お問い合わせはこちら

SSLはグローバルサイン - © 2007-2016 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.