サポート

[CSR生成] Oracle Wallet Manager (新規・更新)

このマニュアルは、Windows版を元に作成しております。 弊社では未確認ですが、バージョンによっては中間証明書の設定ができない場合やCSRと証明書のディスティングイッシュネームが一致しない事で証明書のインポートができない場合があるようです。導入の際はご注意ください。 Wallet Managerでは 「*」を含めたCSRを生成できないため、ワイルドカードオプションには非対応となります。

no01.gif Oracle Wallet Manager を起動し、既存のWalletを「開く」か「新規作成」をしていただきます。

メニューの「操作」-「証明書要求の追加」を選択します。「証明書要求の作成」画面の各項目に情報を入力します。 一般名は、半角英数文字 および ハイフン[-]、ドット[.]が利用可能です。 一般名以外は、半角英数文字と半角スペース、および 半角記号 !#%&'()*+,-./:;=?@[]^_`{|}~がご利用可能です。

一般名:ウェブサーバのFQDNです。例:jp.globalsign.com
組織単位:組織での部署名です。 例:Sales
組織:組織の名称です。例:GlobalSign K.K.
市町村:組織が置かれている市区町村です。例:Shibuya-ku
都道府県:組織が置かれている都道府県です。例:Tokyo
国:国名をリストから選択します。例:日本
鍵のサイズ:2048bit以上を選択します。

メニューの「操作」-「証明書要求のエクスポート」でCSRをファイルに保存します。

メニューの「Wallet」-「保存」で、Walletを保存します。更新の際は、既存のものに上書きをしないようご注意ください。

このほかの詳細な情報に関してはOracleのWEBページを確認してください。

サポートサイト内検索

03-6370-6500 お気軽にお問い合わせください

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. その他のお問い合わせ(4を押した上で、以下の番号をお選びください。)
  5. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  6. パートナー契約に関するお問い合わせ
  7. 総務へのご連絡

お問い合わせはこちら

SSLはグローバルサイン - © 2007-2016 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.