サポート

[CSR生成] Microsoft Internet Information Services 6.0(更新)

こちらでは、Windows Server 2003のIIS6.0で更新用のCSRを生成する手順をご紹介いたします。

IISでは、「保留中の要求を削除する」をすると発行された証明書をインストールする事ができなくなりますのでご注意ください。 ワイルドカード/マルチドメインオプションをご利用になる場合、IIS6+ServicePack1以降での対応となります。 住所や組織名に変更がある場合、または鍵長を変更する必要がある場合、以下の手順では修正することができません。
こちらの手順にてCSRを生成いただくようお願いいたします。
Windows Server 2003で署名アルゴリズムSHA256に対応する証明書を利用するには、サービスパック2と修正プログラムMS13-095のインストールが必要になります。

no01.gif「管理ツール」の「インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャ」を起動し、ウェブサイトのプロパティを開きます。

IIS_csr01.PNG

no02.gif「ディレクトリ セキュリティ」タブを表示し、「セキュリティ保護された通信」の「サーバー証明書」ボタンを押します。

IIS_csr02.PNG

no03.gif「Webサーバー証明書ウィザード」が起動しますので、「次へ」ボタンを押します。

IIS_csr03.PNG

no04.gif「現在の証明書を更新する」を選択して次へ進みます。

no05.gifこのまま次へ進みます。

IIS_csr05.PNG

no06.gifファイル名を指定して、次へ進みます。

IIS_csr10.PNG

no07.gif前回の証明書と同じ内容が表示されます。確認して次へ進みます。

no08.gifWebサーバー証明書ウィザードの終わりです。「完了」ボタンを押します。

IIS_renew_csr4.PNG

no09.gif生成されたCSRファイルをメモ帳で開き、申し込みフォームにコピーします。

IIS_certreq.PNG

証明書の設定前に「保留中の要求を削除する」をしてしまうと発行された証明書をインストールする事ができなくなります。

サポートサイト内検索

03-6370-6500 お気軽にお問い合わせください

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. その他のお問い合わせ(4を押した上で、以下の番号をお選びください。)
  5. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  6. パートナー契約に関するお問い合わせ
  7. 総務へのご連絡

お問い合わせはこちら

SSLはグローバルサイン - © 2007-2016 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.