サポート

コードサイニング証明書FAQ:対応環境について

SHA256 コードサイニング証明書の対応について

現在以下の環境で対応可能となっております。

  • Microsoft Windows XP SP3 以降 (Authenticode)
    ※ただし、Windows Vistaは、修正プログラム(Hotfix KB2763674)が必要
    ※ファイルダイジェストにSHA256を指定する場合はWindows 8 以降から対応
  • Windows 7 / Windows Server 2008 R2以降(kernel mode)
  • Microsoft Office 2010 (Hotfix KB2598139) 以降 (MS Office VBA)
  • Oracle Java 1.8.0 以降、1.7.0_76 以降、1.6.0_38 以降 (Object Signing)
    ※署名環境のJDK(jarsigner)のバージョンは8u101以降が必要

※2014年12月時点調べ。各開発元の資料に基づいて作成しております。
※アプリケーション提供元にてサポートが終了している場合、正常に動作しない可能性があります。
※署名環境には、Windows用USBトークンドライバのインストールが必要となります。動作確認OSをご確認ください。

サポートサイト内検索

お気軽にお問い合わせください

03-6370-6500 お気軽にお問い合わせください

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  5. その他のお問い合わせ(5を押した上で、以下の番号をお選びください。)
    1. パートナー契約に関するお問い合わせ
    2. 採用に関するお問い合わせ
    3. 総務へのご連絡
SSLはグローバルサイン - © 2007-2017 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.