サポート

クライアント証明書FAQ:エラーについて

firefoxにPKCS#12形式の証明書をインポートできない

現在、firefoxの一部のバージョンにおいてPKCS#12形式の証明書をインポート出来ない現象が発生しております。
その場合は、WindowsOSの証明書ストアに一度インポートしていただいたPKCS#12ファイルであれば、インポートが可能であることを確認しております。

Windows OSの証明書ストアにPKCS#12形式の証明書をインポートする方法につきましては、以下サポートページをご参照ください。

PKCS12形式の証明書をインポートする方法(Internet Explorer) PKCS12形式の証明書をインポートする方法(Google Chrome)

関連する情報 Windows環境で証明書をエクスポートする方法

Windows XP / Windows Server 2003で、SHA256の証明書を使ってS/MIME署名ができない
Windows XP / Windows Server 2003では、サービスパックの適用に加え、修正プログラムのインストールが必要になります。
詳細については、下記Microsoft社のサイトをご確認ください。 Microsoftサポート KB968730
FDA ESGのエラーに関して
  • Error: “Could Not Retrieve Private Key”
    証明書パスフレーズの入力に間違いがあると、こちらのエラーが表示されます。 また、秘密鍵を含まない証明書ファイルを指定すると同様のエラーになる場合があります。
  • Error: “Message signed with certificate that is not configured on the sender.”
    FDA ESGに設定した証明書でないと署名に利用することはできません。 更新や再発行で証明書に変更があった場合は、FDA ESGへの再設定が必要になります。
  • Error: “Certificate is expired or is not yet valid”
    期限を過ぎているか期限前の証明書を利用すると表示されるエラーになります。 お使いの証明書の有効期限に問題がないかご確認ください。

サポートサイト内検索

03-6370-6500 お気軽にお問い合わせください

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. その他のお問い合わせ(4を押した上で、以下の番号をお選びください。)
  5. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  6. パートナー契約に関するお問い合わせ
  7. 総務へのご連絡

お問い合わせはこちら

SSLはグローバルサイン - © 2007-2016 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.