サポート

[文書署名用証明書]Adobe Acrobat DCで「証明(不可視署名)」する方法

  1. GMOグローバルサイン サポート
  2. 文書署名用証明書設定
  3. [文書署名用証明書]Adobe Acrobat DCで「証明(不可視署名)」する方法
最終更新:2021/11/26 09:29:00

本手順はAdobe Acrobat Standard DC バージョン2015をベースに作成しております。

no01.gif証明書を設定したUSBトークンをPCに挿します。

no02.gifAcrobat DCでデジタル署名をするPDFファイルを開き、「ツール」を選択します。

acrobat_certify1.png

no03.gif表示された画面で「証明書」を選択します。

no04.gif証明書の項目にて「証明(不可視署名)」を選択します。

no05.gif証明書は取得済みなので、「OK」を押し、次に進めます。

no06.gif署名に利用するデジタルIDを選択し、「続行」ボタンを押します。

no07.gif内容を確認し、「署名」ボタンを押します。「証明後に許可する操作」を選択できます。

署名したPDFファイルの保存先、ファイル名を指定します。

USBトークンのパスフレーズを入力します。パスフレーズの入力を10回連続で間違えると証明書が消去されてしまいます。

以上で署名は完了です。署名パネルの項目が表示されます。

サポートサイト内検索

お気軽にお問い合わせください

03-6370-6500

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  5. その他のお問い合わせ(5を押した上で、以下の番号をお選びください。)
    1. パートナー契約に関するお問い合わせ
    2. 採用に関するお問い合わせ
    3. 総務へのご連絡
ページのトップへ戻る