さらに詳しいSSLの仕組み

SSLとTLSの違いについて

SSLとTLSの違い、SSL/TLSと表記される理由、2つのプロトコルが開発され発展してきた歴史、SSL3.0やTLS1.0/1.1など古いバージョンの脆弱性問題やTLS1.2への移行の必要性、ウェブサイトの脆弱性を確認する方法について。

PDF資料配布中
  1. GMOグローバルサイン
  2. SSLとPKI・電子証明書ガイド
  3. SSLの仕組みと活用・最新動向
  4. SSLとTLSの違いについて

SSLとTLSの違いと「SSL/TLS」と表記される理由

SSLとTLSの違い、および現在「SSL/TLS」と表記される理由は、この2つのプロトコルが開発され、発展してきた経緯によるものです。

SSL(Secure Sockets Layer)は米Netscape社が開発しましたが、SSL1.0は脆弱性が発見されたため、製品に実装されることはありませんでした。
1994年に、SSL1.0を改良した「SSL2.0」がリリースされた際、高機能ウェブブラウザ「Netscape Navigator 1.1」に実装され、SSLが広く一般に知れ渡るようになりました。
その後、SSLはバージョン3.0までが開発されましたが、1999年にはSSL3.0を元にした「TLS(Transport Layer Security)1.0」が定められ、現在は「TLS1.3」までリリースされています。

SSL3.0とTLS1.0は、仕様の違いもごくわずかで仕組みがほぼ同じですが、TLSが登場した段階では既にSSLという名称が広く使われていたために、現在では「TLSのことも含めてSSLと呼ぶ」または「SSL/TLS」「TLS/SSL」のような併記で使われる事が多いです。

SSL/TLS これまでの歩み

SSL1.0 リリース前に脆弱性が発見され公開されず
SSL2.0 1994年リリース
SSL3.0 1995年リリース
TLS1.0 1999年リリース
TLS1.1 2006年リリース
TLS1.2 2008年リリース
TLS1.3 2018年リリース

古いSSL/TLSバージョンが抱える脆弱性の問題

初めて開発された「SSL1.0」は、リリース前に脆弱性が発見され公開に至りませんでした。
その後開発された「SSL2.0」では、製品に実装された後に脆弱性が発見され、多くのウェブブラウザでSSL2.0を無効とする初期設定が行われました。

ごく最近まで広く使用されていた「SSL3.0」は、2014年に重大な脆弱性である「POODLE(CVE-2014-3566)」が発見されました。このため、現在ではサーバでのSSL3.0の利用は非推奨とされ、また多くの主要ブラウザで「SSL3.0」が無効となりました。
また「POODLE」においては、実装が不十分な「TLS1.0/1.1」の場合もサーバとの通信において脆弱性があることが確認され、TLS1.0/1.1の利用は非推奨となっております。

この他、2014年と2015年に発覚したOpenSSLの脆弱性「Heartbleed」「FREAK」など、場合によってはOpenSSLのアップグレードやSSLサーバ証明書の入れ替えが必要になるケースもありました。

Heartbleed(2014年4月) OpenSSLの暗号ソフトウェアライブラリ上で発見された脆弱性
POODLE(2014年10月) SSL3.0と一部のTLS1.0/1.1の脆弱性
FREAK(2015年3月) OpenSSL(0.9.8zd未満・1.0.0p未満の1.0.0バージョン・1.0.1k未満の1.0.1バージョン)と、AppleのSSL/TLS通信における脆弱性

TLS1.2への移行の必要性

2008年にリリースされた「TLS1.2」から、ハッシュアルゴリズムにSHA-256(SHA-2)が追加されておりますが、SHA-1ハッシュアルゴリズムについては、2017年3月にGoogleから衝突に成功したことが報告されました。以前からリスクが指摘されていたSHA-1が、ついに安全ではなくなったことが証明されました。
※SHA(Secure Hash Algorithm)とは、改ざん検出に用いるハッシュ関数の種類の一つ。ハッシュ値は、数値が大きい方がセキュリティ的な強度が高いとされており、SHA-1が160ビットなのに対し、SHA-2は224ビット・256ビット・384ビット・512ビット(SHA-2で現在普及しているのが256ビット)。

このようなことから、古いSSL/TLSバージョンを使い続けるより、よりセキュアなハッシュアルゴリズムをサポートした「TLS1.2」への移行が必要とされています。

有名ウェブサイトが順次TLS1.1以前のバージョンのサポートを停止

ユーザがウェブサイトを安全に利用できるよう、使用中のOSやブラウザが古くてTLS1.1以前のバージョンを有効にしている場合は、ウェブサイトの表示ができなくなったり一部のサービスの利用を不可にして、最新のOSやブラウザにアップデートを促すなどの処置が実施されています。

iOS9とOS X 10.11以降はTLS1.2が必須

Appleでは、iOS9とOS X 10.11以降、アプリとウェブサービスとの間でセキュアな接続のために利用する機能「App Transport Security」がリリースされましたが、この機能を利用する為には「TLS1.2」が必須です。サーバの設定で「TLS1.2」を有効にしていない場合、iPhoneとiPad、Macに繋がらなくなります。

TLS1.3

TLS1.2のリリースから10年の歳月が経過した2018年8月に、「TLS1.3」が最新バージョンとしてリリースされました。
上記の脆弱性問題の反省から、TLS1.2以前のバージョンに存在した古い暗号アルゴリズムが削除され、ハンドシェイク(暗号方式や鍵交換などのセキュリティパラメータの取り決め)の途中から暗号化される仕組みが導入されました。また、通信パフォーマンスに関するさまざまなアップデートが行われました。

脆弱性が無いか確認するには?

Qualys SSL Labs社が提供している「SSL Server Test」を利用して、SSLサーバ証明書の設定状況の確認、安全性の診断などを行うことができます。
診断結果はA+ 、A……Fまでの8段階のグレードで表示され、「B以下」と診断された場合には、(既存の)脆弱性が見つかったことが分かります。

脆弱性問題のあるサイトの場合

SSL3.0が有効となっている場合、「INSECURE (安全でない)」と表示され、またTLS1.2に対応していない場合は、オレンジ色で「No」と表示されます。

なお、この診断結果はあくまで「既存の」脆弱性について診断するものです。まだ発見・言及されていない脆弱性については診断ができませんので、繰り返しチェックを行うことが必要です。

脆弱性問題に関する最新情報

日本国内においては、「IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)」などが脆弱性に関する情報を提供しております。 また、弊社をはじめとする各認証局や各機器・ソフトウェアなどの発売元でも、最新情報や対処法などをウェブサイトやメール等で公開しています。

さらに、これまで発生したSSL/TLS関連の脆弱性問題をテーマにした弊社ブログ記事を、以下で公開しておりますのでぜひご一読ください。
SSL/TLSの脆弱性問題に関するブログ記事

無料PDF資料「SSL/TLSのキホン徹底解説」「常時SSLのススメ メリットと注意したいポイント」配布中!

初めての方でもわかるSSL/TLSのキホン 徹底解説 PDF資料

初めての方でもわかるSSLやTLS、SSLサーバ証明書の基礎知識、「常時SSL」など、各種PDF資料を配布しております。

資料ダウンロードはこちらから

ページのトップへ戻る