SHA-1からSHA-2への移行について

SHA-1 SSLサーバ証明書 対応状況

発行・再発行に関する弊社の対応予定

グローバルサインでは、SHA-1 SSLサーバ証明書の発行を終了いたしました。

詳細は以下のお知らせをご覧ください。
SSLサーバ証明書のSHA-1での発行停止までのスケジュールについて

対応環境について

SHA-1証明書とSHA256証明書で対応環境が異なります。以下をご参照ください。

各ブラウザの対応予定




Microsoft Internet Explorer

2017年2月13日までご利用可能ですが、2017年2月14日以降は利用できなくなります。

Google Chrome

ブラウザのバージョンとSSLサーバ証明書の有効期限により以下の対応となります。

バージョン 証明書の有効期限終了日
〜2015年12月31日 2016年1月1日〜5月31日 2016年6月1日〜12月31日 2017年1月1日〜
39
40
41
42
43
44
45
46
安全なHTTPSページ
マイナーなエラーのあるHTTPSページ
HTTPとマイナーエラーを含むHTTPSページ
問題のあるSSLサーバ証明書を利用しているなど破損しているHTTPSページ

EV SSLの場合は、緑色の鍵アイコンにウェブサイトの運営組織が表示されます。

すべてのバージョンにおいて、証明書の有効期限終了日が2016年1月1日以降、鍵アイコンをクリックすると以下のように表示されます。

アイコンの表示により、上記の内容が異なりますので、詳細はGoogleの下記ヘルプページを参照ください。
Chrome でのサイト接続を確認する

Mozilla Firefox

以下の対応となります。

  • 2016年1月1日以降に発行された証明書の場合
    警告表示
  • 2017年1月1日以降
    すべてのSHA-1 SSLサーバ証明書が利用不可

※2015年12月1日時点の情報に基づき作成しています。各社の対応時期等は変更される場合があります。

資料がダウンロードできます

SHA-2資料

SSLサーバ証明書のSHA-2(SHA256)移行に関する資料をご用意しております。

ダウンロードはこちら(PDF:7MB)

03-6370-6500 お気軽にお問い合わせください

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. その他のお問い合わせ(4を押した上で、以下の番号をお選びください。)
  5. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  6. パートナー契約に関するお問い合わせ
  7. 総務へのご連絡

お問い合わせはこちら

グローバルサインのSSLサーバ証明書により運営者情報が認証されています。

SSLはグローバルサイン - © 2007-2016 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.