SHA-1からSHA-2への移行

SSLサーバ証明書 SHA-2移行手続きについて

概要

現在お使いのSSLサーバ証明書の署名アルゴリズムがSHA-1で、証明書の有効期限が2016年12月31日を超える場合は、SHA-2(SHA256)証明書にて再発行し、再設定が必要となります。

SHA-2(SHA256)への移行期限(2016年12月31日)前に更新を迎える場合は、ただちに再発行する必要はありません。
証明書の更新時に署名ハッシュアルゴリズムの選択欄でSHA-2(SHA256)を選択してください。

詳細は、再発行・更新手続きの流れをご参照ください。
再発行の流れ
更新の流れ

証明書の有効期限 SHA-2(SHA256)への移行期限
2016年12月31日 2016年12月31日

※証明書の有効期限・署名アルゴリズムの確認方法はこちらを参照ください。

再発行の手続きの流れ

SHA-2(SHA256)への移行期限(2016年12月31日)より証明書の有効期限が長い場合は、移行期限前に証明書の再発行のお手続きが必要となります。
詳細はこちらをご参照ください。

  1. 事前準備
    CSR(スキップ申し込みサービスをご利用の場合は不要)や審査に必要な書類を準備してください。
  2. 証明書再発行お申し込み
    GSパネルにログイン後、対象の証明書を選択して、再発行のお申し込みをしていただきます。
  3. 署名ハッシュアルゴリズム選択
    「SHA256」を選択してください。
  4. 再発行する証明書の確認
    再発行ではディスティングイッシュネームを変更することができません。
  5. 証明書発行・インストール
    発行された証明書をサーバにインストールしていただきます。

更新の手続きの流れ

SHA-2(SHA256)への移行期限前に更新を迎える場合は、証明書の更新時に署名ハッシュアルゴリズムの選択欄でSHA-2(SHA256)を選択してください。詳細はこちらをご参照ください。

  1. 事前準備
    CSR(スキップ申し込みサービスをご利用の場合は不要)や審査に必要な書類を準備してください。
  2. 証明書更新お申し込み
    GSパネルにログイン後、更新対象の証明書を選択してください。
  3. 署名ハッシュアルゴリズム選択
    「SHA256」を選択してください。
  4. 証明書発行・インストール
    発行された証明書をサーバにインストールしていただきます。

資料がダウンロードできます

SHA-2資料

SSLサーバ証明書のSHA-2(SHA256)移行に関する資料をご用意しております。

ダウンロードはこちら(PDF:7MB)

03-6370-6500 お気軽にお問い合わせください

音声ガイダンスが流れましたら、お問合わせの内容により以下の番号をプッシュしてください。

  1. 証明書のお申し込み、更新及びパスワードのお問い合わせ
  2. インストールなどの技術的なお問い合わせ
  3. 審査及び進捗確認に関するお問い合わせ
  4. その他のお問い合わせ(4を押した上で、以下の番号をお選びください。)
  5. お支払い、経理書類に関するお問い合わせ
  6. パートナー契約に関するお問い合わせ
  7. 総務へのご連絡

お問い合わせはこちら

グローバルサインのSSLサーバ証明書により運営者情報が認証されています。

SSLはグローバルサイン - © 2007-2016 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.