冗長構成・複数サイトでのSSL向け

マルチドメイン

異なるドメインや組織の複数サイトを、1枚の証明書でSSL通信を実現しコストダウンとIPアドレス節約。

  1. SSLのグローバルサイン
  2. サービス一覧
  3. SSLサーバ証明書
  4. SSL複数枚・有償オプション
  5. マルチドメイン
マルチドメイン

マルチドメインオプションは、1枚の証明書で複数の別ドメイン(FQDN)でのSSL通信を実現いたします。サブドメインや、別ドメインを1枚の証明書にまとめることで、管理コストやライセンスコストを抑えるだけでなく、枯渇が進むIPアドレスを節約することができます。

当オプションは、新規での証明書ご購入時・証明書導入後に関わらず、いつでもお申し込みが可能です。例えば、有効期間の途中でドメイン変更が発生した場合や、証明書更新のタイミングでのお申し込みも可能です。

対象SSL 企業認証SSL、EV SSL
(最大100個までFQDNを追加可能)

1枚の証明書で複数の別ドメイン(FQDN)でのSSL通信を実現

利用用途

場面1:ネット銀行・ネット証券

ネット銀行・ネット証券

サービスや商品紹介ページ等が含まれるコーポレートサイトと、ネットバンキングやオンライントレードを別ドメイン(FQDN)で分けて運営されている場合。
EV SSLとの組み合わせにより、ブラウザのアドレスバーを緑色にして一目で安全性をアピール。

場面2:オンラインショップ

オンラインショップ

商品詳細ページと決済画面を別ドメイン(FQDN)で分けて運営されている場合。または、提供サービスごとに別ドメイン(FQDN)で運営されている場合。

マルチドメインオプションの仕組み

通常はコモンネームにFQDN(URL)を設定しますが、マルチドメインオプションでは、SAN(Subject Alternative Name/サブジェクトの別名)と呼ばれるSSLサーバ証明書の拡張領域にFQDNを追加設定することで、1枚のSSLサーバ証明書で複数のウェブサイトでのSSL暗号化通信を実現します。

マルチドメインオプションを利用することで、Microsoft社のUnified Communication向けの証明書を発行することができます。それにより、Microsoft Exchange Serverの各セキュアサービス(OWA、 SMTP、Autodiscovery、ActiveSync、Outlook Anywhere)も1枚のSSLサーバ証明書で利用できるようになります。

※マルチドメインオプションで追加したFQDNにフィーチャーフォンでアクセスした場合はSSL通信が正常にできないことがあります。

企業認証SSLにマルチドメインオプションを2つ追加した例

example.com、example.netという異なるドメイン(FQDN)でも 、マルチドメインオプションを利用することで1枚のSSLサーバ証明書による暗号化通信が実現します。

マルチドメイン イメージ

マルチドメインを導入するとこんなにおトク!

複数ドメイン・複数組織のサイトを運営しているお客様へ

複数ドメイン・複数組織のサイトを運営している場合、通常はそのサイト数だけ証明書が必要ですが、マルチドメインオプションを利用することで、1枚の証明書にまとめてSSL暗号化通信を実現することができます。

【他社証明書を導入する場合】

FQDNの異なる5つのドメインを運営している場合、マルチドメインオプションが利用できない他社証明書を利用する場合、5サイト分のSSLサーバ証明書を購入する必要があります。
他社でサーバ台数分購入する場合

【企業認証SSLとマルチドメインオプションを組み合わせる場合】

FQDNの異なる5つのドメインを運営し、グローバルサインの企業認証SSLとマルチドメインオプションを組み合わせる場合、証明書1枚分+マルチドメイン4つで199,000円。他社で購入する場合と比較して約27%のコストダウンが実現します。
企業認証SSLとマルチドメインオプションを組み合わせる場合

追加オプション価格(1FQDNあたり)

下記追加オプション価格の他、別途企業認証SSLまたはEV SSLの代金が必要です。

契約期間
(有効期間)
企業認証SSL EV SSL
価格(税抜) 複数年契約による割引額 価格(税抜) 複数年契約による割引額
半年(1~184日) ¥24,400 - - -
1年(185~366日) ¥34,800 - ¥74,000 -
2年(367~731日) ¥66,000 ¥3,600 ¥140,000 ¥8,000
3年(732~1096日) ¥96,400 ¥8,000 - -

お見積もりはこちら

※追加料金は、使用中の証明書の残りの有効期間に依存します。時差の影響がありますので、お申し込み時に表示される金額をご確認ください。

追加方法について

マルチドメインオプションは、新規で証明書をお申し込みいただく場合、既に証明書を使用中の場合のどちらでも追加することができます。

新規で証明書をお申し込みの場合

新規お申し込み時にマルチドメインを選択

新規のお申し込み時に、SSLサーバ証明書と一緒に選択してください。
企業認証SSLサービス選択サンプル画像
EV SSLサービス選択サンプル画像

使用中の証明書に追加する場合

使用中の証明書に追加の場合はGSパネルにログインしてマルチドメインを選択

GSパネルにログインの上、該当の証明書を選択の上追加お申し込みしてください。詳しい追加ご購入方法はサポートページをご確認ください。

よくある質問

マルチドメインオプションに関するよくある質問をまとめました。詳細はこちらをご確認ください。

Q. マルチドメインオプションで追加するFQDNも、CSRのディスティングイッシュネームに登録は必要ですか?
不要です。マルチドメインオプションで追加するFQDNは、申し込みフォームから設定をするため、コモンネームを指定する必要はありません。
Q. 利用中のサーバ証明書のFQDNを変更したいときにも利用できますか?
ご利用いただけます。通常、サーバ証明書のFQDNは変更できませんが、ご利用中のサーバ証明書がEV SSLまたは企業認証SSLであれば、マルチドメインオプションを追加購入することで、FQDNを追加することができるため、そのFQDNでも利用することができます。 証明書の残期間により料金が変わりますので、新規取得と比較の上導入をご検討ください。
Q. SANオプションに設定されたFQDNにもサイトシールを利用できますか?
ご利用いただけます。そのFQDNからシールにアクセスすると、証明書情報を表示することができます。

対象SSLの詳細

企業認証SSL

信頼感アップ。企業の実在性を認証

認証レベル認証レベル 中
主な発行対象一般企業
大規模サイト
発行スピード最短即日※
価格年額59,800円

EV SSL

世界標準。緑のアドレスバー

認証レベル認証レベル 高
主な発行対象ECサイト
金融
発行スピード最短10営業日※
価格年額128,000円

お見積もり・資料請求・お問い合わせはこちら

グローバルサインのSSLサーバ証明書により運営者情報が認証されています。

SSLはグローバルサイン - © 2007-2016 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.