1. SSLのグローバルサイン
  2. サービス一覧
  3. ソリューション
  4. Auto Enrollment Gateway

AEG(Auto Enrollment Gateway)で問題解決

Active Directory環境のユーザにパブリックな証明書を提供しアクセスコントロールを行っている場合、従来はデバイス毎に1枚1枚電子証明書を取得してインストールが必要でした。
手作業による電子証明書の管理は発行までに時間が必要だったり、更新作業漏れなどメンテナンスコストが多く必要でした。

グローバルサインのAEG(Auto Enrollment Gateway)では、既存システムとグローバルサインのパブリック認証局を連携できるため、証明書の更新漏れリスクを軽減できます。
また、秘密鍵の厳格な管理など認証局運営から解放されることでコストダウンが実現可能です。

AEGとは?

AEG(Auto Enrollment Gateway)は、Active DirectoryとグローバルサインのSaaS型認証局運営サービスの間でゲートウェイとして動作するソフトウェアです。
少しのシステム変更を行うだけで、既存のシステムのままパブリック認証局の証明書が利用可能になります。
グローバルサインのSaaS型認証局運営サービスを利用するため、プライベート認証局の運営から解放されます。

AEGとは?

AEGの活用例

AEG(Auto Enrollment Gateway)で実現

  • 電子証明書の発行申請やインストールの手間を簡略化
  • 電子証明書の発行・更新漏れを無くす
  • プライベート認証局(マイクロソフトCAなど)を構築しているが管理・保守から解放
  • 二要素認証を用いてセキュリティ強化
  • 電子証明書管理のコストを削減
AEGの活用例・利用事例

稼働イメージ

AEG(Auto Enrollment Gateway)は、Windows Active Directoryとグローバルサインのパブリック認証局の間とのゲートウェイとして動作します。
AEGを利用することでActive Directory内のすべてのデバイス(サーバ、PC、モバイル機器など)の電子証明書の管理が可能になります。

稼働イメージ

※IT管理者・ユーザ・連携関連会社などすべてが利用対象となります。

AEGの特徴

認証局運営からの解放

認証局運営からの解放

SaaS型パブリック認証局を利用することで、自社内での認証局運営から解放されます。

証明書の自動管理

証明書の自動管理

証明書のライフサイクル全体を通した申請・発行・管理の自動化(更新含む)が可能です。

二要素認証

二要素認証

ID・パスワードのみの認証から、証明書を利用した二要素認証が容易に実現可能です。

AEGの特徴

グローバルサインのSSLサーバ証明書により運営者情報が認証されています。

ページのトップへ戻る