1. SSLのグローバルサイン
  2. 電子証明書・認証サービス一覧
  3. パブリックルート署名サービス

パブリックルート署名サービスとは

パブリックルート署名サービスは、Windows Server 2003/2008やお客様独自の仕様により構築されたプライベート認証局(Private Cerificate Authority)に対し、パブリックルート認証局により署名を行うサービスです。本サービスの利用により、プライベート認証局にパブリック認証局の信頼を付与し、パブリックなクライアント証明書を発行することができるようになります。

サービスの特長

既存プライベート認証局の有効活用

既存のプライベート認証局を有効活用できるので、お客様の用途に合わせた証明書プロファイルの設定や、使い慣れたインターフェースでの運用が可能です。パブリック認証局の再構築に比べ、コストやサポートを大幅に削減できます。

証明書設定の手間の削減

グローバルサインのパブリックルートは、既に信頼されたルート証明機関として主要ブラウザ、OS・メールソフトに登録されているため、ルート証明書を個々の端末ごとに設定する必要はありません。これにより、外部組織への導入がスムーズになり、サポートコストを削減できます。

利用例

社内向けのアクセスコントロールにクライアント証明書を用いていたが、外部取引先への利用拡大に伴い、信頼性のある証明書の配布が必要になり、既存のプライベート認証局へパブリック認証局の署名を行った。アクセスコントロール強化のほか、電子メールのS/MIME署名・暗号化が可能になった。

認証局とは

認証局(CA)の役割は電子証明書を発行すること、失効の依頼を受けた電子証明書や秘密鍵の危殆化の可能性のある証明書を失効させることです。

認証局とは

パブリックルート署名サービス連携アプライアンス

株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ

ページのトップへ戻る