電子文書への署名とは?

PDF文書の改ざん

簡単にできる改ざん

オンライン上にある電子文書は、暗号化などのセキュリティがかかっていなければ、改ざんされる危険があります。

Microsoft OfficeシリーズとAdobe Acrobatとの統合で、PDFドキュメントの作成が簡単に行えますし、Officeやアクロバットのソフトが無くとも、無料や低価格のPDF作成ソフトも出回っています。また、PDFからMicrosoft Word等への変換が可能なコンバーターツールもあり、PDF化する前の元データが無くとも文言や数値などの編集が可能です。

簡単にできる改ざん

改ざんされたときのリスク

ケース1:ファイル交換による流出事故にみせかけた決算発表資料

1 「ファイル交換ソフトで偶然流出したスクープ!」と偽り偽物の決算発表資料を配布。

2インターネットの情報は本物と嘘の見分けがつきにくい。巧妙な偽装と風評流布も簡単に・・・

3風評があっという間に広まり会社の信頼が失墜。株価が大幅に下がるなどの影響が。信頼の回復は容易ではない。

ケース2:偽のウェブサイトに捏造したプレスリリースを掲載

1 悪意あるネットユーザがとある企業の偽ウェブサイトを立ち上げ、偽造したプレスリリースを掲載。この情報を証券掲示板やSPAMメールによって流布。

2流布された情報が株価に影響し、偽ウェブサイトを立ち上げた者が多額の利益を得た。

3偽サイトを立ち上げられた企業は被害に遭っただけでなく、適切な対策を講じていなかったとされ、企業イメージの大幅ダウンの影響が長らく残る結果に。

では、どうすればそのような事態は避けられたのでしょうか。
文書署名用証明書で改ざん検知

電子署名を行うことで、電子文書の改ざんを検知し、原本性を確保することができます。文書の作成元・発行元がはっきりしていれば、ユーザも安心して文書を利用することができます。万が一、署名された文書が改ざんされていた場合は、その文書を開く際にダイアログで無効の旨が表示されるので、不正な文書と認識できます。

電子署名を行うことで、電子文書の改ざんを防止し、原本性を確保することができます。

もしも改ざんされた文書を開いたら・・・

1.文書ステータスのダイアログが表示 2.「署名は無効です」の表示が出る
グローバルサインライブラリー

グローバルサインのSSLサーバ証明書により運営者情報が認証されています。

SSLはグローバルサイン - © 2007-2016 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.