文書署名用証明書

PDF文書への署名とは?

  1. SSLのグローバルサイン
  2. サービス一覧
  3. 文書署名用証明書
  4. 文書署名用証明書とは

電子文書はビジネス上欠かせないツールになりました。一方で、簡単にコピーの作成、改ざんが可能なため、管理・保存方法が課題となっています。

またe文書法や電子署名法が制定されるなど、電子文書の原本性確保の重要性が問われるようになってきました。

電子署名とは、紙文書における「印鑑+印鑑証明書」にかわるもので、電子文書の改ざんを検知し、原本性を確保することができます。

PDF文書への署名について

誰が署名したか

第三者認証局であるグローバルサインから身元審査をうけ発行された証明書を用いることにより、署名者を証明できます。

いつ有効な署名がなされたか

CRL/タイムスタンプ、OCSP/タイムスタンプに対応しているので、署名時にオンラインで証明書の失効情報を確認することで、電子署名に利用された証明書の有効性の確認を行うことができます。また、ユーザ任意のローカルPCの時刻ではなく、タイムスタンプサーバから取得した正確な世界標準の時刻が署名されます。

PDF文書の署名・検証について

グローバルサインの文書署名用証明書なら、署名・検証が簡単です。

署名・検証の流れ

署名

Adobe Acrobatで署名する際に、USBトークンに格納された証明書を選択します。

検証

PKIの仕組みを利用し、わずかでも改ざんがあれば検知します。Adobe Readerにより誰でも簡単に自動検証することができます。閲覧者はAdobe Readerにプラグインのインストールや特別な設定を行うことなく文書の真正性(署名者の本人性、改ざんがないかの完全性)を検証することができます。

【関連情報】PKI・電子証明書入門

「PKI(公開鍵暗号基盤)」とは、インターネット上での安全セキュリティのインフラ(基盤)です。そのPKIを構成する要素とは『電子証明書』『認証局(CA)』『リポジトリ』の3つです。

PKI(公開鍵暗号基盤)とは?

公開鍵と秘密鍵

PKIは、公開鍵と秘密鍵のキーペアからなる公開鍵暗号方式という技術を利用し、インターネット上で安全にやりとりを行うセキュリティのインフラ(基盤)のことです。

電子証明書とは?

電子証明書とは

電子証明書は、電子の世界で持ち主の情報を証明することができます。電子証明書を導入することで、「なりすまし」「改ざん」「事後否認」「盗聴」といったリスクを未然に防ぎます。

認証局とは?

認証局とは

認証局(CA:Certification Authority)の役割は、電子証明書を発行することと、失効させることです。

PDF資料・お問い合わせはこちら

グローバルサインのSSLサーバ証明書により運営者情報が認証されています。

SSLはグローバルサイン - © 2007-2016 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.