文書署名用証明書

HSM格納タイプ(自動署名対応)

電子文書への大量署名をサーバ上で自動化、大量の電子文書への署名自動化で、運用の手間を削減。

  1. SSLのグローバルサイン
  2. サービス一覧
  3. 文書署名用証明書
  4. HSM格納タイプ(自動署名対応)

サービスの特徴

デジタル署名の自動化

デジタル署名の自動化

Adobe®LiveCycle®Digital Signatures ESと連携させることよりPDFファイルへのデジタル署名・検証処理をサーバー上で自動化させることができます。
※MS Officeの各文書につきましては、HSM版での電子署名は非対応です。

署名の処理スピードアップ

業務効率の向上

ハードウェア・セキュリティ・モジュール (HSM)を使うことで、署名に掛かる処理速度が1ファイルあたり2秒/回と、USBトークンに比べて飛躍的に向上します。

署名プロセスを安全実行

署名プロセスを安全実行

署名に必要な秘密鍵をハードウェア・セキュリティ・モジュール(HSM)に格納し、サーバの中に組み込むため、デジタル署名プロセスを安全に実行できます。

サービス概要

契約年数 1年
価格 年間の署名回数に応じて金額が変わります。別途お問い合わせください。
タイムスタンプ署名回数 25,000回以上/年
必要環境
  • Adobe LiveCycle Digital Signatures ES※1
  • gemalto社 FIPS140-1レベル2以上のハードウェア・セキュリティ・モジュール※2

※1. Adobe LiveCycle Digital Signatures ESは、アドビ システムズ社の製品です。デジタル署名の作成、検証、および処理を自動化することができます。製品の詳細は下記のリンクをご参照下さい。
http://www.adobe.com/jp/products/livecycle/digitalsignatures/

※2. gemalto®ハードウェア・セキュリティ・モジュール(HSM)は、gemalto社の製品です。秘密鍵を堅牢に保護し、署名に掛かる処理速度を飛躍的に向上させます。製品の詳細は下記のリンクをご参照下さい。
http://jp.safenet-inc.com/products/pki/index.asp

ページのトップへ戻る