コードサイニング証明書とは

コードサイニング証明書の必要性

署名がされていないソフトウェアは、プログラムの改ざんや、正規になりすました偽のソフトウェアを配布されるリスクが。電子署名で開発元の信頼性向上を。

ソフトウェアへ署名をしないリスク

昨今、ソフトウェアの流通は、パッケージからオンラインへと大きく移り変わっています。また、パッケージで販売されたソフトウェアであっても、アップデートはオンラインで行うことが一般的になりつつあります。

しかし、オンラインで手にしたソフトウェアは、正規のソフトウェアのふりをした巧妙な偽物かもしれません。

証明書が無い場合のリスク

ソフトウェアの流通・配布は直接の伝送のほかメールへの添付・CD-ROMに格納されたオフライン流通など多岐にわたります。元は正規のソフトウェアであっても、悪意のある人の手によって書き換えられ、コンピュータに悪い影響を与えるプログラムが忍ばせてあるかも知れません。
また、正規のソフトウェアでない場合は、ダウンロード時やプログラム実行時に警告メッセージが表示され、ユーザは警戒してソフトウェアを利用をせず、ソフトウェアへの信頼性が損なわれます。

ソフトウェアベンダは、このような脅威に対処し、自社のソフトウェアを責任をもってユーザの手元に届けなければなりません。

電子署名で開発元の信頼性を向上

認証局の発行する電子証明書にてソフトウェアへ署名することで、開発元の実在性が確認され、プログラムが改ざんされていないことが保証されます。
これにより、ソフトウェアから警告表示が消えて、ソフトウェアが正規のものであることが確認でき、ユーザは安心してダウンロードしたりプログラムを実行することができます。
開発元の信頼性が向上し、結果としてダウンロード数や売上げが伸びたり、サポートやカスタマーサービスへの問い合わせ件数が減るといった成果が現れます。

コードサイニング証明書とは

お見積もり・資料請求

お見積もり・プランご相談

お見積もり・ご相談は、下記専用フォームよりご連絡ください。

お見積もりはこちら

資料請求

コードサイニング証明書についてのサービスカタログや資料をご用意しております。

カタログ・各種資料請求はこちら

お申し込み・お問い合わせはこちら

グローバルサインのSSLサーバ証明書により運営者情報が認証されています。

SSLはグローバルサイン - © 2007-2016 GMO GlobalSign K.K. All rights reserved.