マネージドPKI Lite

仕様・機能

サービス資料配布中
  1. GMOグローバルサイン
  2. サービス一覧
  3. クライアント証明書
  4. マネージドPKI Lite
  5. 仕様・機能一覧

仕様・機能一覧

基本情報  
価格
ご購入可能ライセンス数
年額100,000円(10ライセンスパックの場合)
10ライセンスバック〜1000ライセンスパック
証明書の有効期間 1年 / 2年 / 3年
主な発行対象 組織に属する個人
組織に属する部門
組織
複数年契約割引 checkmark
複数環境での証明書の利用 checkmark
証明書スペック・対応環境  
対応環境 ※1※2 ウェブブラウザ
メールソフト
証明書の形式 標準的なX509形式
対応鍵長 2048bit対応
対応ハッシュアルゴリズム SHA256/SHA-1
CRLの提供 CRL発行周期、24時間毎
認証局階層 パブリックRootにチェーンされた3階層
機能  
GSパネル 証明書情報の閲覧可
ファイル出力可(LDIFファイル、CSVファイル)
証明書発行方法 管理者事前登録
ユーザ申請
証明書一括申請
証明書一括取得
API
証明書設定 証明書エクスポート不可設定
証明書更新方法設定
スマートカードログオン対応設定
ファイル暗号化アプリケーション対応設定
テンプレートカスタマイズ ユーザインターフェースのデザイン
証明書発行通知等の自動送信メール
利用規約
無償オプション 証明書プロファイル追加
複数管理者設定
S/MIMEへの利用
有効期間延長特典  
更新ボーナス checkmark30日
サポート・その他  
無料お試し checkmark90日
後払い標準対応 checkmark
無償再発行 checkmark
返金保障 checkmark7日以内
最大保証金額 checkmark37万円
登記事項証明書取得代行 checkmark

※Windows10につきましては現在動作確認中です。一部機能が未対応の場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※AndroidOS 4.03以前を搭載の端末の場合は、別途対応ブラウザ「KAITO for GlobalSign」が必要になる場合があります。

証明書発行方法について

管理者事前登録

お客様管理者がエンドユーザに代わり申請を行うことができます。エンドユーザは証明書取得をするだけなので、慣れない作業に時間を費やすことなく取得作業を行えます。

管理者事前登録 1.申請・承認 2.発行

ユーザ申請

エンドユーザ自身が直接証明書発行申請を行うことのできる、専用のポータルサイトがご利用いただけます。
専用ポータルサイトでは独自のフレームを表示することができるため、エンドユーザの方も違和感なくご利用いただけます。

ユーザ申請 1.発行申請 2.承認 3.発行

管理者による証明書一括申請

お客様管理者が発行対象者リスト(CSVファイル)をアップロードすることにより、証明書をまとめて申請することが可能です。
証明書は、各エンドユーザに直接届くメールに記載されたURLをクリックの上、エンドユーザ自身で取得します。

証明書一括申請 1.一括申請 2.証明書取得

管理者による証明書一括取得

お客様専用管理画面(GSパネル)より、複数のエンドユーザの証明書をまとめて申請・取得することが可能です。エンドユーザへの証明書の配布は、管理者ご自身が何らかの方法で配布していただきます。
取得前に事前にドメインの審査を行い、各エンドユーザのメールアドレスを登録することで、S/MIMEでの利用も可能になります。

管理者一括取得 1.一括申請・取得 2.エンドユーザに配布

API

お客様の既存システムとシームレスな連携が可能なAPIを公開しています。証明書の発行業務をお客様のシステム上で行うことができるので、業務の効率化が図れます。(API利用設定

証明書プロファイル(サンプル)

  E = info@globalsign.co.jp 証明書申請時、任意の値を入力可
CN = GMO taro 証明書申請時、任意の値を入力可
組織名 O = GMOGlobalSign K.K. プロファイル申請時、任意の値を設定可
部署名 OU = IR dept プロファイル申請時または証明書申請時、任意の値を設定可
※最大3つまで入力可。
※専用BaseDNを選択した場合は、
専用BaseDN申請時の値になります。
市区町村 L = Shibuya プロファイル登録情報の値
都道府県 S = Tokyo プロファイル登録情報の値
国/地域名 C = JP プロファイル登録情報の値

※管理者による一括発行の場合、証明書にメールアドレスを記載することはできません。

専用BaseDN設定

「専用BaseDN設定」とは、プロファイル登録の際にディスティングイッシュネーム(証明書情報)のOおよびOU部分を占有することができる設定です。つまり、ABC株式会社マーケティング部がベースDN設定でO = ABC Corp. / OU = Marketing Dept とした場合、ABC有限会社が同じOおよびOUでプロファイル登録することはできません。この専用ベースDN設定は、SSLを用いたクライアント認証を行う際に必須の条件となります。

    SSLを用いたクライアント認証で
ご利用される方
電子署名・暗号化で
ご利用される方
BaseDN設定有 BaseDN設定無
プロファイル登録時
OU指定有
プロファイル登録時
OU指定無
E = 任意 任意 任意
CN = 任意 任意 任意
組織名 O = 固定 (一意性が担保される) 固定 固定
部署名 OU = 固定 固定 任意
(証明書申請時に入力)
市区町村 L = 固定 固定 固定
都道府県 S = 固定 固定 固定
国/地域名 C = 固定 固定 固定

※S/MIMEで利用の場合、電子署名・暗号化で利用の場合、部署名を任意で入力するため自由度が高くなります。

【90日間無料】テスト用クライアント証明書

導入前の動作確認用として、お客様の環境で90日間無料でお試しいただけます。

テスト用クライアント証明書 お申し込みはこちら

ページのトップへ戻る