S/MIME用証明書電子証明書で改ざんを防止

電子署名されたメールを送信することで、確実に患者様へ処方箋やお薬明細書などの文書を届けることが可能。

電子署名で送信元証明と改ざん検知が可能

S/MIME用証明書によって署名されたメールを送信することで、受信者は送信主が本物か偽物かの見分けが付けられるようになります。また、電子署名されたメールの本文および添付ファイルは、送信時の内容を証明しています。改ざんを検知するとメールソフトで警告が表示され、ユーザに注意喚起されます。
また、送信者・受信者双方で電子証明書を用いた暗号化メールを利用すると、万が一途中で盗聴された場合でも第三者には解読することが出来ないため、大切な機密情報が漏えいすることはありません。

サービスに関するご質問・ご相談はこちら

03-6370-6500
(平日10時〜18時)

ページのトップへ戻る