クライアント証明書とは?

クライアント証明書ってどんなもの?
なぜ必要なの?
どのように利用するの?

先輩と後輩

システムへのアクセスや日々のメール送受信を
安全かつ便利に行えるクライアント証明書について
分かりやすくマンガで解説いたします。
先輩と後輩
このエントリーをはてなブックマークに追加

クライアント証明書 総合解説サイトにようこそ

このサイトは「クライアント証明書」について「アクセスセキュリティ」「メールセキュリティ」の2つ利用シーンに合わせてわかりやすく解説いたします。
 

クライアント証明書とは?

SSLサーバ証明書をはじめとする電子証明書の一種です。SSLはサーバ(つまりウェブサイト)に利用しますが、クライアント証明書はその名の通りクライアント(ユーザのPC等)に利用します。

先輩

クライアント証明書ってどういう時に使うの?

特定PCからのみシステムへアクセスを許可するアクセス制御、ログイン時にID/Passと組み合わせる二要素認証、メールソフトに利用して送信者の証明と内容の暗号化などに利用できます。

後輩

アクセスセキュリティ

クライアント証明書実装の有無
クライアント証明書実装の有無
情報資産保護の観点
業務率化の観点

なぜアクセスセキュリティにクライアント証明書が必要なの?

情報セキュリティの強化が求められる現在、ID・パスワードだけでセキュリティを維持することは万全な施策とは言えません。また多くのID・パスワードの発行には、煩雑な手続きや管理が伴います。クライアント証明書は情報保護の強化・経費削減・業務効率化・不在アクセス防止などセキュリティを確保しながら、利便性の追求が可能なのです。

クライアント証明書が実装されていない場合

情報を盗聴される

クライアント証明書が実装されている場合

情報を盗聴できない

クライアント証明書が生まれた背景

情報システムやインターネットは、いまや企業や組織の運営に欠かせないものです。
しかし、インターネットなどの利便性と引き換えにセキュリティ上でのリスクは年々増加しています。
  • 顧客情報の漏えいによる企業ブランドイメージの失墜
  • 機密情報の流出による競争力の低下
  • システム停止による業務停止や損失拡大
  • なりすましや改ざんによる詐欺被害や信頼度の低下
利便性もセキュリティも必要

一方、「働き方改革」という国全体の課題にもある通り、在宅勤務(テレワーク)、非常時や外出先にモバイルデバイスでアクセスできるようにするなどの柔軟性・利便性の追求も同時に求められる時代にあります。そういった背景のなか、システムへのアクセス元、メールの送信元として、個人のデバイスを証明・認証する「身分証明書」のような役割としてクライアント証明書が大きな役割を果たしているのです。
ご存知ですか?
万全なセキュリティ対策が不可欠ね

組織が抱える情報漏えいのリスクを防ぐことができます

ID/Passの使いまわしやブラウザ保存、社外からのアクセス、PCやID/Passの紛失・盗難、BYOD(私物デバイス)アクセスなど、組織は潜在的に多くの情報漏えいのリスクを抱えています。
ID/Passの使いまわし・ブラウザ保存 ハッカーがPCを遠隔操作で盗み見られた
外出先からのアクセス・BYOD 外出先のFreeLANからハッカーに盗み見られた
ID/Passやデバイス自体の紛失 デバイスを紛失した男性営業が悪いハッカーに拾われてしまった

クライアント証明書についてもっと詳しく理解できる資料を無料配布中です。

資料写真
資料を無料でダウンロードする
アクセスセキュリティ強化の重要性は年々増してきているんだな
男性
それだけでなく、利便性が向上して業務効率化もできるんだよ
女性
お、クライアント証明について話しているのか?でもクライアント証明書は「メールセキュリティ」にも利用できることは知っているかな?
上司
メールセキュリティ?
男性

メールセキュリティ

クライアント証明書実装の有無
クライアント証明書実装の有無

なぜメールセキュリティにクライアント証明書が便利なの?

IPA「情報セキュリティ10大脅威 2017」

順位内容
1位標的型攻撃による情報流出(2年連続)
2位ランサムウェアによる被害
3位ウェブサービスからの個人情報の窃取
4位サービス妨害攻撃によるサービスの停止
5位内部不正による情報漏洩とそれに伴う業務停止
6位ウェブサイトの改ざん
7位ウェブサービスへの不正ログイン

クライアント証明書は盗聴や「フィッシング詐欺」の被害を防止します

クライアント証明書が実装されていない場合

偽LPやフォームなどに誘導させたりしてID/PASS/カード情報等を取得

クライアント証明書が実装されている場合

盗聴できない(されても暗号化されてるので内容を解読できない)
でも、導入や管理をする担当者は大変そうよね・・・
女性
社員の数だけクライアント証明書を申し込み・発行・受取・配布する場合は特にそうだよな・・・
男性
大丈夫、事前に必要枚数分を申し込みして、あとはすべてクラウド型で自社運用できるサービスもあるんだよ
上司

クライアント証明書は運用も便利でカンタン

クライアント証明書
クライアント証明書のベンダーはASP/SaaS型(クラウド型)のクライアント証明書運営サービスを提供しているのが一般的です。つまり必要な枚数(ライセンス数)を取得すれば、あとは管理者がログインして自由に証明書の発行、失効、メールでの配布が可能です。

よくあるご質問

Q. 導入までにどのくらいの時間がかかりますか?
A. アクセスセキュリティに利用する場合はアクセスするシステム、メールセキュリティに利用する場合はメールソフトで動作するかどうかの事前調査・検証が必要です。アカウント作成と、申し込みされたクライアント証明書の納品は1週間程度が一般的です。
男性
Q. 自社での導入が可能か否かを事前にシステム検証したいのですが?
A. ベンダー各社が無料トライアルを受け付けている場合があります。詳細は各ベンダーにお問い合わせください。
女性
Q. 各社員のPCとスマホに導入したい場合、1人2枚必要ですか?
A. クライアント証明書はコピーして利用可能ですので、1人1枚用意して、その社員のPCとスマホに同じものをインストールすることができます。ただしセキュリティの観点から、全社員や、部署内の全スタッフで1枚のクライアント証明書をコピーして利用するのはお勧めしません。
上司
Q. 万が一、クライアント証明書またはそれをインストールしたデバイスごと紛失した場合は?
A. 管理者が即座にそのクライアント証明書だけ失効できます。失効することによって、そのクライアント証明書は利用できなくなりますので、悪意のある人に拾われた場合などの二次被害のリスクもなく、安心です。
女性
Q. 実際にどのくらい費用がかかるのですか?
A. ご利用予定のベンダーによりますが、1枚1年5,000円〜10,000円です。
男性

情報セキュリティは今や経営課題の一つ

  • 顧客サービスの一環
  • セキュリティ強化のアピール
  • 企業のブランドイメージ向上

情報セキュリティは今や経営課題の一つです。企業の重要なデータ保護を目的とした施策を。

情報セキュリティは今や経営課題の一つ

クライアント証明書の導入・設定の流れ

STEP1

事前準備

必要書類を準備します。
STEP2

ライセンスお申し込み

必要なライセンス数(枚数)を申し込みします。
STEP3

審査

クライアント証明書ベンダーにて審査いたします。
STEP4

ライセンス発効

クラウド上の管理画面からお客様ご自身で、証明書の発行や配布が可能になります。
資料DLはこちら

クライアント証明書についてもっと詳しく理解できる資料を無料配布中です。

資料写真
資料を無料でダウンロードする